困窮邦人の実情を知る

写真拡大

困窮邦人という言葉があります。海外、特に東南アジアに渡り、現地でお金を使い果たし、ホームレス同然の生活を送る人物たちです。主に中高年の男性が多いようです。困窮邦人はその実態が、統計などから把握されにくく、謎に包まれています。さらに豊かなはずの日本からなぜ、海外へ向かい困窮状態に陥ってしまうのか。水谷竹秀による『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』 (集英社文庫)には、そうした困窮邦人の実態が記されています。

女性を追ってが多い

著者はフィリピンで発行される日本語新聞社に勤務しながら、困窮邦人の実情について取材を重ねてきました。困窮邦人となる原因は、日本のフィリピンパブで知り合った女性を追ってフィリピンへ渡り、お金を使い果たして捨てられてしまったといったパターンが多くあります。日本人がモテているのではなく、お金がモテている、お金がなくなれば捨てられてしまう。身も蓋もない現実です。

プライドの高さの問題?

さらに、彼らはプライドが高く、日本へ帰国して生活保護を受けて暮らすことを望みません。フィリピンならば物価も安いため、なんとか食いつなぐことも不可能ではない、熱帯のため寒さに凍えることがないといった事情も影響しているでしょう。プライドが高い人の中には学歴詐称をして、著者に指摘されるまでウソをつき続ける人なども登場します。ある意味では現代日本社会の実態を知ることができる本であるといえるでしょう。