ワースランド=ベフェレンの森岡亮太【写真:Getty Images】

写真拡大

 ベルギー1部リーグ第4節が現地時間の19日に開催され、ワースランド=ベフェレンはホームでロケレンと対戦した。

 今季からワースランド=ベフェレンに加入し、開幕から3試合で2得点2アシストと活躍を見せてきたMF森岡亮太は、この試合にも先発で出場。だがチームは前半のうちに3点のリードを奪われる厳しい展開となった。

 後半に入って57分、ワースランド=ベフェレンが反撃に転じるゴールは森岡のお膳立てから生まれる。縦パスを受けて左サイドに抜け出した森岡が深い位置からマイナスのボールを折り返し、セックがシュートを決めて1-3とした。

 さらに73分、左コーナーキックから森岡が右足で上げたボールにカマーチョがヘディングで合わせて1点差に詰め寄る。だがそれ以上の反撃はならず、アウェイのロケレンが3-2で勝利を収める結果に終わった。

 チームの勝利には繋がらなかったが、森岡はまたしてもゴールに絡む貢献を見せた。これで4試合で2得点4アシストを記録したことになる。

text by 編集部