知っておきたい! 男と女で大きく違う「告白セリフ」の感じ方

写真拡大

女と男では同じ告白のセリフへの感じ方さえも違います。

イイ雰囲気なのに…! 煮え切らない彼の「告白のハードル」を下げる方法

一体なぜ感じ方の違いが出てきてしまうのでしょうか?その理由に迫ります。

“なぜ?”を知ることで、より告白の成功率を高めることができるかも?

告白を受ける場合

告白を受ける立場の場合、男はあまりセリフに対して深い意図はありません。

告白のセリフを聞く前に論理的に結論を出していることが多いからです。

たとえば、「世界で1番好きだ」というセリフを聞いた場合も率直に嬉しいと感じるケースが多いです。

一方、女は違います。いろいろと深い意図を探そうとします。

なぜ1番なのか、誰にでも1番と言っている可能性があるのではないか、世界でという言葉は大げさ過ぎて嘘くさいのではないかといったように基本的には疑いから入ります。

告白を受ける立場の場合では、男女でこのように大きな感じ方の違いがあります。

告白をする場合

告白をする場合も女と男で告白するセリフへの感じ方は違います。

女は告白するセリフ、シーンなどいろいろとドラマチックな記念にしようという意識が強く働きます。

ですから、1言1言にいろいろな意味を自分自身で付けた上で、告白するセリフを考えていきます。

一方で、男はどちらかというと「そのセリフで相手の女性を落とせるのか、不要な誤解を生まないのか」という結果から考えていきます。

男はプライドが高いので、告白の失敗により傷がつくリスクというものを極力避けようと意識が強く働きます。

セリフだけでは効果がないのは同じ

告白するセリフへの感じ方は女と男で異なります。

一方で、共通する部分もあります。それは、セリフだけではダメだということです。

どんなに考え抜いたセリフであっても、LINEやメールで送っただけでは、軽い印象に受け取られてしまいます。

そのセリフを直接伝える場所、時間、伝える表情が告白に対するOK、NG、そしてその告白で発せられたセリフへの最終的な印象を決定づけます。

このように、セリフだけではないというところは女も男も共通している部分です。

男と女でなぜ感じ方が異なるのか

女と男で感じ方が異なるのには根本的な理由があります。

男は結果を求め、女はそれに至る過程に価値を求めるため、告白のセリフの発し方、受け取り方も違いが出てしまいます。

たとえば、告白のセリフが非常に長かったとしましょう。

男はいかに相手の女に選んでもらえるかを真剣に考えます。なのでストレートな言葉、断定的な表現を多用います。将来の話も出してきます。

一方で、女の場合は、どちらかというと、なぜその男と付き合いたいのかを過去の経緯から説いていくような告白セリフになっていくでしょう。

断定ではなく相手に自分を分かってほしいという表現が多くなります。

このように男と女の根本的な価値観の違いが告白のセリフ1つをとりあげても出てきてしまいます。


同じセリフなのに感じ方自体が違うということを忘れないようにしておかないと、独りよがりな告白や、思ったとおりのストーリーにならず大きな失敗をしてしまうこともあります。

今後告白する機会があったら、今回のヒントをぜひ参考にしてみてくださいね。

(ライター/神崎志乃)