【LINE】つ、疲れる…。 返信が遅くなる「3つの男性心理」

写真拡大

彼からLINEの返信があるかないかで一喜一憂している女性は多いのではないでしょうか。

彼女にも知られたくない!? 男に絶対聞いてはいけない“3つのタブー”

ですが、その不安や心配は「ただの考え過ぎだった」なんてことが実は多いのです。

今回は、知ったら拍子抜けしてしまうような、「彼からLINEの返信が来ない“本当の理由”」をお伝えしていきます。

1. 既読=「分かったよー」

多くの女性は、LINEを“会話”のように進めたいと考えています。

既読がついたら、スタンプでもいいから返答をもらい、ポンポンっと会話をつなげていきたいのです。

ですから、既読されたのに返信がないと「私に気がない証拠? それとも、なんかウザいことした?と」思いがちではないでしょうか。

ですが、男性はLINEを会話とは捉えていません。取引先へのメールとまではいきませんが、“なかなか労力を使うもの”と分類しています。

そのため、わざわざ「分かったよー」とか、「ありがとうー」とか、ちょっとした一言を返信するのでさえメンドーくさいのです。

つまり、男性の既読スルーは「あなたからの連絡内容、把握しました」って意味だと解釈してOK。

そこには、ほとんどの確率で深い意味なんてないと思って大丈夫ですよ。

2. スタンプひとつで返信できないものは、メンドーです

先にも書きましたが、ちょっとした返信すらメンドーくさく感じてしまうのが、男性という生き物。

そのため「“はい”、“いいえ”とか、スタンプひとつですべて返信が済めば最高!」というのが、男性の本音です。

感じたままを表すスタンプを選べばいいだけですから。

ただ文字は打つまでに、男性は色々と段階を踏む必要があるようなのです。

例えば「○○行きたいんだけど、どう思う〜?」とLINEがきたら……

1. どうしたいかを考える

2. 考えをまとめる

3. それを文字で打つ

この3段階を脳内で行っているらしいのです。

女性からみると「なんで!?」と感じますが、男性の脳構造は一点集中型なので仕方ないのです。

もしお誘いに関して、既読になるのに返ってこないのであれば、「一緒に行かない? ○日か、●日のどっちがいい?」と聞き直してみてくださいね。

3. 長いものは基本的に、全部イヤ!

男性は、とっても論理的思考。「結論だけでいいじゃん」と考える人も少なくありません。

そのため、長文LINEがくると、見ただけで疲労してしまうのです。

読んだら、もっと疲れる。……つまり、返信する前に疲労度MAXになってしまって、返信するという動作まで行き着かないのです。

また、何回も続く長いやりとりも「要件だけでいい」と思っているため、早く終わってほしくて仕方ありません。

男性はマルチタスク脳ではありませんし、常に「自分だけの時間が欲しい」と考えていますから。

LINEだけでなく、長電話も苦手です。もしするにしても、デートと同じように事前に時間を確保しておきたいという、ちょっと女性では考えられないような思いを抱いていたりします。

よく考えてみれば、メールの時代なんて、相手が読んでくれているかすらわからなかったわけです。

そう思うと、まだ“既読”というサインが見られる今は幸せと言えるかもしれません。

不安になったり、心配してしまうのも分かりますが、変に心をすり減らさないよう「男性はこういうやつなんだ」くらいに思っておいてくださいね。