SPAL、カリアリから昨季20発のFWボッリエッロ&DFサラモンを獲得!

写真拡大

▽SPALは19日、カリアリから元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロ(35)と、ポーランド代表DFバルトシュ・サラモン(26)の2選手を獲得したことを発表した。

▽かつてミランやローマ、ユベントスに在籍したボッリエッロは、昨夏カリアリに加入。ベテランながら卓越したフィジカルと高精度の左足、優れた決定力を武器に、昨シーズンはセリエA16ゴールに加え、公式戦20ゴールのハイパフォーマンスを披露。先月にはクラブと2019年までの契約延長を行ったが、その後クラブとの確執の影響もあってシーズン開幕直前の移籍となった。なお、SPALとは2019年までの2年契約にサインしている。

▽一方、ブレシアでプロキャリアをスタートした大型センターバックのサラモンは、一時ミランにも在籍し、その後はサンプドリアやペスカーラでプレー。2015年に加入したカリアリでは、昨シーズンの公式戦17試合に出場していた。なお、サラモンは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。