婚活パーティは女の戦場。ハーフ美男を女たちが取り囲んで怖い!【シングルマザー妊活】

写真拡大

【シングルマザー社長の妊活記 Vol.20】

 バツイチシングルマザーの杉沢です。パートナーはいませんが、第2子欲しさに最近は「排卵日予測」アプリをインストールし、無駄に排卵日を計算しています。

前回、前々回とセレブ婚活パーティ―で知り合った男性たちとのエピソードをご紹介してきましたが、実はもう一人いたんです。

◆セレブ婚活パーティーでまさかのナンパ?

【スペック】
年齢:40歳
職業:会社経営
推定年収:2000万円
結婚:バツ2子供4人
外見:スペイン×日本の「城田優似」のハーフ
性格:陽気で明るいが自己主張が強く情熱的

 前回の“イケメン5歳児”にサヨナラをし、また一人になった私。

 船内をフラフラ彷徨っていると、突然ガシッと腕を掴まれたのです。

男「待って!!」

 あまりに急な出来事で驚く私に、何やら早口でしゃべりかけてくる男性。よく聞くと、私を誰かと間違っているのか、以前にどこかで会ったと言うのです。

男「もしかして、どこかで会った事ある?」

私「いや、ないと思いますが……」

男「えっと、どこだったかな……あっ前に六本木の飲み屋で働いてなかった?」

私「あーはい。昔ですけど。」

男「やっぱり! 俺の事覚えてない?」

私「いえ全く。(キッパリ)」

男「あはは、ウソウソ(笑)ハッキリしてるね〜。でもせっかくだから一緒に飲もうよ!」

 は? ウソ? 新手のナンパかよ。なんかイラっとする。

私「え。イヤです。」

男「面白い子だね〜10分でいいから話そうよ。」

 そう言う男性の顔をまじまじ見ると、ハーフ顔のイケメン。しかもガタイも良く嫌いじゃない。

私「じゃあ少しだけ」

男「OK! じゃああっちに行こう!」

◆ナンパ男と話してみると……

 イケメンに弱く意志の弱い私は、言われるがままついて行くことに。

 改めて自己紹介をすると、このJ氏、バツ2でなんと子供は4人! しかもほとんど一発でデキたというじゃありませんか!

 これは……最強の精子を持っているに違いない! さすがラテンの血が流れている男は違うな!! しかも、J氏との間に子供ができたら、その子は日本とスペインのクォーター!! 絶対美男美女になるに決まってる!

 さらにはこのJ氏、仕事熱心で世界各地を飛び回っているらしく、日本語以外にもスペイン語・英語・ポルトガル語をマスターしているという。そんなJ氏の子供もきっと国際的になるに違いない! もう良い遺伝子しかないじゃないかーーーー!!

 妊活を始めて以来の好物件に出会ったことで、私の脳内はお祭り状態。もうこの際性格なんてどうでもいい! 変わった性癖やマザコンだったとしても、全て受け入れてやろうじゃないの!

◆全てを受け入れる!覚悟を決めたその時……

 そう覚悟を決めようかと思った時……どこからともなく集まる美女達。そしてJ氏を取り囲むようにして座り、はじき出される私。

 何が起きてるのか、しばらくは状況が把握できませんでしたが、気付いたのです。ここが戦場だということに……。

 おそらくJ氏をマーキングしてきた美女たちが、他の男性を一通り見た後に戻ってきたのでしょう。この戦場には私よりもはるかに若く、才色兼備の猛者たちがいて、みな「良い物件」を探し求めて参加しています。到底アラフォーバツイチシングルマザーなんぞが勝てる気がしません。

 美女に囲まれハーレム状態のJ氏を残し、私の人生初の婚活パーティ―は何の収穫もないまま幕を閉じました。

<TEXT/杉沢志乃>

【杉沢志乃(すぎさわしの)】
35歳。東京生まれ。ナンバーワンホステス時代に独学で行政書士試験に合格。25歳で小説『キャバクラ嬢行政書士の事件簿』(ゴマブックス)を出版し、翌年『キャバギョ!』でDVD化。現在は女性向け映像メーカー「ラ・コビルナ」の代表取締役社長を務める。