【別居】直後の妻の行動&心境とは?家を出た妻の、意外な過ごし方が明らかに

写真拡大

夫が子育てに対して非協力的であったり、夫婦の価値観に相違が生じると「別居」を考える人は少なくありません。

子育て夫婦における「卒婚」という選択肢!離婚ではなく「卒婚」を選ぶメリットとは

別居は、お互いに距離を置き、冷静に考えるきっかけにもなることから、良いイメージを持つ人もいれば、それとは反対に否定的な意見を持つ人まで賛否両論です。

別居を機に関係修復する夫婦、それとは逆に残念ながら離婚してしまう夫婦などさまざまですが、そこに至るまでお互いに何を思い、どんな行動をしているのでしょうか。

今回は「別居期間中」にスポットを当て、別居中の妻の心境と行動についてランキング形式でお伝えします。果たして、別居を経た夫婦のその後の関係性はどうなってしまうのでしょうか。

家を出た妻の心境とは?

「別居」と聞いてまず最初に気になることと言えば「家を出てどこへ行く?」ですが、妻は家を出て、いったいどこに身を寄せているのでしょうか。

SUUMOジャーナルは、 知られざる「実家に帰った妻」の傾向について探るべく、20代〜40代の女性397名にアンケートを実施アンケートを実施した結果、身を寄せた場所として一番多かったのは、やはり「実家」でした。

1位 「一時的に自分が「実家」に帰ったことがある」(16.9%)
2位 「その他「自宅ではない場所」に、一時的に身を寄せたことがある」(8.8%)
3位 「一時的に自分が「友人宅」に身を寄せたことがある」(5.5%)
4位 「自分は現在の家に住み続け、パートナーに一時的に出て行ってもらったことがある」(4.8%)
5位 「一時的に自分が「ホテル」などに身を寄せたことがある」(4.0%)

SUUMOジャーナル「実家に帰らせていただいた妻」は、実家で何をしているのか?

別居後は先が見えないことが多いことから、アパートを借りるようなリスクが高い行動に出る人は少なく、やはりここは手っ取り早い避難場所として実家を選ぶケースが多いようです。

では次に気になるのが、別居期間中の妻の心境ですが、「ストレスから解放され、楽になった」というのが1位であったことから、こちらは予想通りの結果となりました。

1位 「同棲・結婚生活のストレスから解放され、気持ちがラクになった」(66.2%)
2位 「日を重ねるごとに、パートナーに会いたい気持ちが出てきた」(18.0%)
3位 「親に小言を言われるようになり、余計にストレスが悪化した」(9.8%)

SUUMOジャーナル「「実家に帰らせていただいた妻」は、実家で何をしているのか?

別居してスッキリしたという意見が多い中、2位にランクインした、「実際に離れてみたらパートナーに会いたい気持ちが出てきた」というような意見もありました。

意外なのは3位にランクインした「親から受けるストレスで余計にストレスがたまった」というものですが、この結果から、実家も思っているほど気楽に避難できる場所ではないことが分かります。

その他、少数意見ですが「相手に直接不満をぶつけられないことから、余計にイライラした」というように、日々の喧嘩がストレスのはけ口になっていたような意見もありました。

また「自分の心境をパートナーが理解してくれているか不安だった」「虚しさが募った」などの意見もあり、これで本当に良かったのかと不安を抱いたり、こんなことをして何になるのかと虚無感に襲われた人もいたようです。

家を出た妻は何をして過ごしている?

さて、家を出た妻は実家に帰り何をして過ごしているのでしょうか。

両親や友人に夫の不満をぶつけストレスを発散しながら、さぞかしパーっと遊びほうけているのかと思いきや実際のところは違いました。

1位 「特に何もせず、お互いの気持ちが落ち着くのを待った」(47.4%)
2位 「親や友人に愚痴をこぼしたり、相談に乗ってもらったりして過ごした」(45.1%)
3位 「離婚や離別を視野に入れ、念のため(弁護士費用の調査など)準備をした」(12.8%)
4位 「ここぞとばかり、羽を伸ばして遊んだ」(10.5%)
5位 「つい浮気をしてしまった」(3.0%)

SUUMOジャーナル「「実家に帰らせていただいた妻」は、実家で何をしているのか?

1位〜3位を見ても分かるように、親や友人に愚痴をこぼしながらも、関係修復に向けて気持ちを整理したり、次の行動への準備に充てるなど、意外におとなしく粛々とした日々を送っていることが分かりました。

やはり別居は冷静になり本来の自分の気持ちを取り戻すきっかけとなるようで、ハメを外したような不貞行為は慎む傾向にあるようです。

また別居中の不貞行為が今後の人生を大きく変える可能性があることも、冷静であるがゆえにちゃんと理解し行動しているということでしょう。

別居を経た夫婦のその後の関係性は?

最後に気になるのが別居を経た夫婦がその後どうなっているのか、だと思いますが、アンケートの結果、全体の2割強が関係を修復できずに離婚に至っていることが分かりました。

また「離婚はしていないが、一緒に暮らしながらも関係修復はしていない」「関係修復できず今も別居状態が続いている」という状態を合わせると、全体の4割が修復していないという現実から、別居が関係修復において良い結果を生み出すとは限らないことが分かります。

まとめ

このように、別居を決意し実家に帰った妻は、意外にも関係修復に向けて気持ちを整理したり、次の行動への準備に充てたりと、おとなくしく粛々とした生活をしていることが分かりました。

関係修復を目的とした別居、離婚を前提とした別居など、別居をする理由はさまざまですが、いずれにせよ別居期間中の行動は地味な印象を受けます。

「別居」はストレスから解放され、関係修復に向けてお互いが冷静になれる良い機会だと思われがちですが、一度踏み切ってしまえば、以前よりも大きな溝を作ってしまうことになり、修復できなくなってしまう可能性もあります。

ですから、別居してからではなく、踏み切る前こそ冷静によく考え行動に移すべきではないでしょうか。

<参照>SUUMOジャーナル「実家に帰らせていただいた妻」は、実家で何をしているのか?