リトルリーグで成し遂げられた完全試合が話題に【写真:Getty Images】

写真拡大

ワールドシリーズ第8戦、ノースカロライナ州代表「サウスイースト」チームが快挙

 リトルリーグで偉大な記録が生まれた。ワールドシリーズ第8戦でノースカロライナ州代表の「サウスイースト」チームが、サウスダコタ州代表の「ミッドウエスト」チーム相手に3人の継投で完全試合を達成。リーグが公式インスタグラムで動画を公開し、話題となっている。

 完全試合――。それは野球選手にとって究極の目標と言っていい。8月18日、ペンシルベニア州サウス・ウィリアムズポートのハワード・J・ラマディスタジアムに駆け付けた観衆は、歴史の証人となった。

「サウスイースト」の先発を務めたチェイス・アンダーソンくん(6番)は、高確率でストライクを投げ、3つの三振を奪うなど3回をパーフェクトピッチング。4回からはマシュー・マティッチくん(15番)がマウンドに上がり、快投を演じる。

 5回にはセンターに抜けそうなライナー性の打球を遊撃手カーソン・ハーディーくん(16番)がダイビングキャッチ。勢いに乗ったマティッチくんは6回2死まで無安打無四球に抑え、ハーディーくんにバトンを託した。最後はハーディーくんが打者がのけぞるほどの鋭い変化球で三振に打ち取り、「ミッドウエスト」に6-0で勝利。3人の右腕の継投で、見事に完全試合を達成した。

ファンもエール「皆が互いに支え合って掴み取ったもの。まだまだこれからだ」

 米スポーツ専門放送局「ESPN」のスタッツ解析部門のツイッター「ESPN Stats & Info」によると、リトルリーグでの完全試合は2008年にメキシコのジーザス・オヘダくんがイタリア相手に4イニングゲームで達成して以来。1970年以降で見ても5回目の快挙だという。

 米紙「USAトゥデー」は「乾杯!ノースカロライナがリトルリーグで完全試合を達成」と特集。リトルリーグも公式ツイッターに「完全試合は独りでは成し遂げられないものだ」というメッセージとともに、動画付きで紹介した。ファンからは、「皆が互いに支え合って掴み取ったもの。まだまだこれからだ」「マシューが特に試合を支配していた」といったコメントが寄せられた。

 3人の継投、そして捕手、野手の全員で勝ち獲った栄誉は、彼らの一生の宝物になるだろう。