学生の窓口編集部

写真拡大

2017年の敬老の日は9月18日です。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という祝日ですので、祖父母に贈り物をすることを考えている人もいらっしゃるでしょう。そんな敬老の日のプレゼントで人気なのが「お花」です。ただ、どんな種類の花を贈ればいいのかわからないという人も多いかもしれませんね。そこで今回は、「敬老の日にお薦めのお花」についてまとめてみました。



■敬老の日には誕生日花やふさわしい花言葉のものを選ぼう!

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!


敬老の日に花を贈る場合、

・バラ
・カーネーション
・ユリ

といった、プレゼントの定番である花をチョイスしてもOKです。バラは「愛」や「美」といったポジティブな意味の花言葉がありますし、カーネーションも「純粋な愛情」という感謝の気持ちを伝えるのにふさわしい花言葉があります。ただカーネーションは色ごとにも異なる花言葉があるので、敬老の日に贈るなら「感謝」という意味のピンク色のカーネーションにしましょう。ユリは「純粋」「無垢(むく)」という花言葉があるだけでなく、香りもよく、また見た目も華やかなためプレゼントに用いられることが多いですね。

他には

・胡蝶蘭
・ガーベラ
・カスミソウ
・ダリア
・サルビア

といった花も花束を作る際にチョイスしたいです。胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」、ガーベラは「希望」「常に前進」という花言葉があります。またカスミソウとダリアには「感謝」という花言葉、サルビアも「よい家庭」「家族愛」という花言葉があるので、どれも敬老の日に贈るにふさわしい花といえます。

他には、敬老の日がある9月の誕生日花である「リンドウ」も、敬老の日に贈る花束によく用いられます。リンドウには「白寿」と呼ばれる、長寿を祝うにふさわしい種類もあるので、ぜひ取り入れることをおすすめします。

■気を付けたい花は?

ふさわしい花がある一方で、「これだけは避けるべき」という花もあり、その代表といえるのが「キク」です。日本の「国花」で、秋を代表する花ですが、やはり仏花として用いられることが多いので、敬老の日のプレゼントとしてはふさわしくありません。

■プリザーブドフラワーもおすすめ!

近年、花の贈り物として定番となっているのがプリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーは、生花を特殊な液体に漬けて水分を抜き、美しい状態のまま乾燥させて作るもの。水分を抜いているため劣化しにくく、また生花ではなくなっているので水やりの手間がかからないのが利点です。せっかくプレゼントしてもすぐ枯れてしまっては寂しいですから、少しでも長く楽しめるよう、プリザーブドフラワーを贈るのもいいですね。

「敬老の日におすすめの花」についてまとめてみました。花をプレゼントとして贈る場合は、ふさわしい花言葉のお花を贈ることが大事ですが、それだけでなく、贈る相手が好きな花をチョイスするなど、「どうすれば喜んでもらえるか」も考えてチョイスしましょう。

(中田ボンベ@dcp)