ムダ毛の処理をしていると、いつの間にかポツポツと「埋没毛」が肌にあらわれますよね。埋没毛は毛穴がダメージや皮脂によって塞がり、次に生えてくる毛が外に出てこれなくなる症状のことです。埋没毛は無理やりに抜き出そうとすると、余計に皮膚にダメージを与えてしまいます。この記事では、正しい埋没毛のお手入れ方法や対策方法についてご紹介していきますね。

埋没毛はムダ毛の自己処理で起こりやすい

埋没毛はパッと見たときに、皮膚の中でグルグルと渦巻状になっているものや真っ黒い点になっているものなどがあります。埋没毛になるのには、皮膚に近い場所で毛を剃ったり溶かすことが関係しています。カミソリやシェーバー、除毛クリームなどでのムダ毛処理が当てはまりますね。皮膚に近い場所で刃や除毛剤による刺激が加わると、毛だけではなく皮膚にまでダメージを与えます。そのため毛穴が塞がってしまい、埋没毛になってしまうのです。主に自己処理をしている人は、多く埋没毛に悩まされている傾向にありますね。

埋没毛はスキンケアでターンオーバーを促進しよう

よくやりがちなのが、埋没毛を針や爪の先などで引っ張り出してしまうこと。確かに皮膚の下で埋もれていた毛は外に出てきますが、これではまた皮膚にダメージを与えてしまいます。毛穴に細菌が感染してしまう可能性もありますし、色素沈着を起こして皮膚の色がくすんでしまうリスクも。埋没毛のお手入れとしておすすめなのは、ピーリングや石鹸での洗浄、洗浄後の保湿といったスキンケアを欠かさないこと。特にピーリングは埋没毛の処理法としても有名で、ターンオーバーを促進して毛穴に詰まった皮脂を取り除くことができますよ。できるだけ外から刺激を与えないよう、内側から埋没毛を外に出してあげるのがポイントですね。

ムダ毛の処理後は保湿を忘れずに

埋没毛にならない一番の方法は、レーザーによる永久脱毛です。ですがコストがかかってしまいますから、どうしても自己処理に頼りたくなりますよね。ムダ毛の自己処理をするときは、必ず保湿でアフターケアをしてください。ムダ毛処理後の皮膚は刺激を与えられて些細なダメージに敏感になっていますから、クリームやローションなどでバリア機能を高めておきましょう。また、自己処理をする前にはホットタオルなどで毛穴を開いておくのも効果的です。毛の処理で皮膚にかかるダメージを減らすのが、埋没毛を防ぐ一番の方法です。


writer:さじや