加藤一二三(写真:日刊現代/アフロ)

写真拡大

20日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、将棋の元プロ棋士・加藤一二三九段が、やりたくないタレント仕事を明かした。

加藤九段は現役引退後、芸能事務所・ワタナベエンターテインメントと契約し、芸能活動を本格化している。直近の7月に150本ほどの仕事依頼を受け、約50本受注する売れっ子になっているとか。

番組では、加藤九段が自身のマネジャーとともにプロフィール作成に従事する秘蔵映像を放送した。

その最中、マネジャーが「やりたくない仕事」を尋ねると、加藤九段は年齢を理由として、「きわどい場面があるドラマや映画」と回答したのだ。ラブシーンのあるものについても、「絶対に、悪いですけども、固辞いたします」と断言したのだった。

【関連記事】
加藤一二三九段 将棋ファンの無作法に怒り「ハッキリ言って失礼」
加藤一二三九段 藤井聡太四段の敗退解説にネットで賛辞「拍手したくなった」
加藤一二三氏の中学時代のリア充エピソードが凄い 本人も実話と認める