終盤の敵の猛攻を凌ぎ切り、1点差を守り切った川崎守備陣。殊勲の奈良は今後に向けた問題点を指摘し、手綱を締める。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ23節]川崎2-1札幌/8月19日/等々力

 コンサドーレ札幌との雨中戦を2-1で制し、3連勝を飾った川崎フロンターレ。首位・鹿島アントラーズとの4ポイント差は変わらないが、前節の4位から3位へとじわり浮上した。
 
 自慢のアタッカー陣がぐいぐい押し込んだ前半は終始ペースを握ったが、後半は守備を整備してきた札幌の反撃に遭う場面がしばしば。2-0から1点を返されるなど終盤は冷や汗ものの展開だった。

【川崎 2-1 札幌 PHOTO】札幌に競り勝ち川崎が3連勝!
 
 この試合でMVP級の働きを見せたのが、23歳のストッパー・奈良竜樹だ。殊勲の守備者はジェイ、チャナティップ、そして都倉賢の強力トリオが陣取る札幌攻撃陣をいかにして封じ込めたのか。
 
「基本的にはラインコントロールしながら、なるべくゴールから遠ざけようとイメージしてました。でも、システムの噛み合わせが上手く行かなくて、プレスがなかなか掛からなかった。なのでボールを持たれてしまうと、ラインが低くなりがちでしたね」
 
 空中戦では190センチのジェイと堂々渡り合い、「チームとしてふたりで対応するようにしてました。ネットとエウシーニョもよく競り勝ってくれたし、上手く抑えられたと思う」と自賛した。かたや地上戦では裏のスペースを常に狙う韋駄天チャナティップを、ファウル覚悟のチャージで阻止。こちらは「大きなふたり(ジェイと都倉)の間でああやってスペースで受けたり、突いたりしてきたのでかなり厄介でした。カウンターの起点にさせまいと注意してましたね。ムアントンとの試合(ACL)でも戦いましたが、あらためていい選手だなと思いました」と振り返る。
 
 しかし後半は、チーム全体のラインが間延びする場面が頻発。中盤にスペースが生まれ、札幌の鋭い速攻の温床となっていた。
 
「けっこう後半はオープンな展開になりましたよね。うちとしては相手を引き出してカウンターを仕掛けられるから、有利になると思ったんですけど、決め切る、やり切るというところが中途半端で、相手に上手くスペースを使われてしまった。試合巧者という部分ではまだまだですよ」
 
 
 もう少し詳しく教えてもらおう。具体的にはどんな歪みが生まれていたのか。
 
「今日は僕らがボールを持つ展開になると考えてた。リスク管理は意識してましたけど、カウンターを仕掛けた時、ディフェンスラインが押し上げる前にボールを取られてしまうと厳しくなる。僕らは押し上げてから、ひとの配置を決めたい。それをする前に取られると、真ん中に広大なスペースが生まれる。前の選手は攻めたいから前に行くんだけど、後ろは上がり切ってないからです。僕たちも頑張って押し上げないといけないけど、前の選手も深い位置で時間を作ったりとか、落ち着かせたりとか、メリハリを付けていかないと。そういう共通意識が必要だと思うんです」
 
 この日唯一の失点は、裏に出たボールをGKチョン・ソンリョンが目測を誤って処理できず、相手MFヘイスに難なく流し込まれたもの。だが奈良はその取られ方よりも、あの時間帯のチームにあった気の緩みに警鐘を鳴らした。
 
「2点目を取ったあとから全体的に緩くなった。あの失点がどうだったかというより、チームとしてそういう流れになってしまってた。厳しく行こうと声掛けはしてたけど、2-0になった直後ですよ。(前節の)鹿島戦も3-0から1点取られてますから。試合の終わり方、あの段階では進め方が拙かった。結果的に自分たちで自分たちの首を絞めるようなものだから、絶対に避けなければいけない」
 
 鹿の背中を追うなら、取りこぼしはいっさい許されない。奈良だけでなく、試合後の川崎イレブンが一応に反省の弁を述べていたのが印象的だった。
 
 意識は高い。攻撃陣の破壊力が増すなか、そこに比例して選手個々の危機管理力も高まってくれば、鬼に金棒だろう。
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)