岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

 レスター・シティのFW岡崎慎司は、現地時間19日に行われたブライトン戦でゴールを決め、開幕から2戦連続得点となっている。クレイグ・シェイクスピア監督が、岡崎に送ったアドバイスを明かした。クラブ公式テレビに対するコメントが、レスターの公式サイトで紹介されている。

 岡崎は開幕から2戦連続ゴールを決めた。これは指揮官の助言が影響しているのかもしれない。FWでありながら守備への貢献を惜しまない姿勢が評価される岡崎だが、シェイクスピア監督はよりゴール前で仕事をすることを求めたという。

「もっとシンジをペナルティエリア内に入れようと話したんだ。彼はボールがないときでも本当に真面目で、相手の中盤に問題をもたらしてボール奪取の役に立ってくれる。だが、我々はボールを持ったらもっとペナルティエリア内に入ろうと話したんだ」

 好スタートを切った岡崎。今シーズンは得点数をどこまで伸ばしてくれるだろうか。

text by 編集部