若林正恭(オードリー)

写真拡大

19日深夜放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、オードリーの若林正恭が、バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の終了を聞いた際の空気を明かした。

同番組は2014年10月に放送開始しており、半年後の2015年4月には、ゴールデン帯に進出していた。しかし、今年10月期の改編で終了することが明らかとなっている。

若林は最初から「しくじり先生」にレギュラー出演しており、この日の番組で、終了を知ったときのことを振り返った。

あるとき、総合演出の担当者がやってきて、「今回の改変で終わることになりまして。我々も力不足ですみませんでした」と頭を下げてきたとか。若林の方も自身の無力を詫びたという。そのときの場の雰囲気について、若林は「なかなかすごい空気なんですよ」「嫌な空気でもないんだけど、なんかシリアスなのよ」と表現していた。

同番組は特番で続く、とのことだが、若林は過去の類似例を持ち出して、まずやることはないだろうと推測していた。

【関連記事】
オードリー・若林正恭が職業病を告白 何を見ても「しくじり先生」目線に
塙宣之が「しくじり先生」の出演の厳しさに言及「あの枠に入るのもなかなか」
若林正恭 「しくじり先生」で森永卓郎氏の暴挙にキレたことを明かす