逆転優勝を飾ったノリス(撮影:GettyImages)

写真拡大

<フィジーインターナショナル 最終日◇20日◇ナタドラベイ チャンピオンシップGC(6,947ヤード・パー72)>
欧州とオーストラリアそしてアジアツアー共催の「フィジーインターナショナル」の最終日。9アンダーの2位から出たジェイソン・ノリス(豪州)がこの日“67”をマーク、トータル14アンダーで逆転優勝した。

4打差の2位タイには、“64”の猛チャージを見せたジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)と、10位タイから追い上げたデイビッド・マッケンジー(豪州)と、3位スタートのジェームズ・マルケザーニの豪州勢が並んだ。
日本から唯一出場していた竹安俊也は、前半の1番と2番で連続バーディを奪ったものの、結局3バーディ・2ボギーの“71”でホールアウト。トータル5アンダーの20位タイで4日間の競技を終えた。
【最終順位】
1位:ジェイソン・ノリス(-14)
2位T:デイビッド・マッケンジー(-10)
2位T:ジャズ・ジェーンワタナノンド(-10)
2位T:ジェームズ・マルケザーニ(-10)
5位T:ピーター・ウィルソン(-9)
5位T:ウェイド・オームズビー(-9)
5位T:アダム・ブランド(-9)
5位T:ダニエル・ピアース(-9)
20位タイ:竹安俊也(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

国内シニアツアー「ファンケルクラシック 」リーダーボード更新中!
国内女子ツアーも開催中!美人ゴルファーの厳選フォトが満載!
ヘンリック・ステンソンが単独首位に “66”の石川遼は33人抜きの33位タイでフィニッシュ!
松山英樹はすでに“神の領域”、メジャー制覇へは本当にあと一歩【田中秀道の目】
松山英樹は、いつ負けたのか 悔し涙の本当の意味 【舩越園子コラム】