犬を飼うと結婚できない!?

犬を飼うと「婚期が遅れる」や「結婚できなくなる」なんて言われたりしますが、実は私にはピッタリと当てはまっています。

結婚したくないわけではないのですが、愛犬たちと暮らすために、愛犬たちを養うために一生懸命に働くので経済的にも充実していますし、愛犬たちは家族であり我が子なので母親のような気持ちでいますし、愛犬たちが家でお留守番してくれているので早く帰りたいですし、何かと充実してしまっています。

愛犬は女の子と男の子なのですが、男の子は大きめの中型犬で、とっても頼りになります。
真夜中にコンビニに行きたくなったとき、一緒に行ってくれるので夜道も怖くありません。

正直、彼氏よりも頼りになるなぁ…なんて感じたこともあります。
みなさんはいかがでしょうか。
犬を飼うと婚期が遅れると言われている理由などをご紹介します。

犬を飼うと婚期が遅れるのは何故!?

犬を飼っている独身の男女は婚期が遅れてしまったり一生結婚できない可能性が高い、なんてことを言われたりもするのですが、本当にそんなことがあるのか?犬と暮らしている既婚者も多いじゃないか、と疑問に思ってしまいますよね。

愛犬が大切で恋人とか結婚とかどうでも良い、なんて思わず、恋愛にも結婚にも積極的になれたら良いですよね。
愛犬と暮らしていることで良い出会いに繋がることだって、たくさんあります。

早く帰ってしまうから?

仕事の帰りの飲み会や食事会などで出会いの場や仲良くなるチャンスはたくさんあるのだけど、家で愛犬が待っているから早く帰らなくては!ということが婚期が遅れる原因になってしまうこともあると思います。

せっかくデートに誘ってもらって良い雰囲気だったけど、家で愛犬が待っているから帰ります、なんて言って連絡が途絶えてしまったというケースもあるのではないでしょうか。

何かと愛犬を優先してしまいがちですが、命あるものなので仕方ないですよね。
何時間もずーっと健気に飼い主を待ち続け、玄関で大歓迎してくれるあの姿を思ったら、早く帰りたくなってしまうものです。

寂しくなくなってしまう?

犬と暮らしていることで寂しいという気持ちになることが減り、彼女や彼氏がいなくても平気と思ってしまう人も多いようです。
彼女や彼氏とデートに行くよりも、愛犬とドライブに行ったりドッグカフェでランチをしたりホームセンターで一緒にお買い物をしたりする方が楽しい、なんて人もいらっしゃるようです。

価値観が合わない?

「犬が好きな人じゃないと付き合えない」
という独身の男女もいらっしゃるようですが、結婚しても犬と暮らしたいという人が多いため、相手が犬が苦手であったり猫派である場合、それ以上の関係には発展しないようです。

犬は大好きだけど他人の犬を可愛いとは思えないなんて意見も。
結婚した後、犬を飼うのか飼わないのかで揉めた経験のある夫婦もいらっしゃるようですし、犬が好きかどうか?動物が好きかどうか?家族として我が子のように大切にすることかできるかどうか?など、愛犬家たちにとっては結婚の条件のひとつのようです。

まとめ

犬を飼うと婚期が遅れてしまったり、結婚できなくなってしまうのか?
それは、結婚に対する価値観によっても異なるのではないでしょうか。
実際には、犬と暮らすことと婚期が遅れることにはあまり深い関係性はないように思います。

犬と暮らすことで良い出会いに繋がることもあります。
私は犬と暮らして20数年が経ちますが、たくさんの犬たちと出会い、たくさんの飼い主さんたちと出会い、20年以上のお付き合いのある人もいらっしゃいます。

お散歩をしているとき、出会った犬や飼い主さんに気軽に声をかけてみたり、ドッグランなどに愛犬と一緒に出掛けてみるのも良い出会いに繋がると思いますので、ぜひ出掛けてみてはいかがでしょうか。