ワンちゃんとお洋服の関係とは

ワンちゃんとお洋服。というイメージが定着してきたのは小型犬・室内犬が増えてきてから、10年くらいではないのかなと個人的には思います。

昔は、庭で番犬の役割も兼ねてワンちゃんを飼う家が多く、室内で過ごすことも、お洋服を着ることもなく、まして食事もワンちゃん専用の食事ではなく、飼い主たちの残りものを食べているという時代もあったそうです。

それに比べると、”今”のワンちゃんたちは随分ぜいたくな暮らしをおくることができているんだなと思います。と言いつつ、我が家のワンコもぜいたくな生活をしておりますが。

ワンちゃんにお洋服を着せる理由とは??

それでは、なぜワンちゃんにお洋服が必要なのかを調べてみましょう。
たぶん、飼い主が着させたいだけなんじゃないかな?という不安は、ほぼ的中しました。

ワンちゃんにお洋服を着せなきゃいけない理由は特にありませんでした。
やはり、かわいいからという飼い主さんの気持ちが1番の理由のようです。

ただ、中には病気や先天性の疾患で自分の体温調節がうまくできないワンちゃんたちがいます。その場合はお洋服や、ブランケットなどで体温を調整してあげる必要があります。

ワンちゃんがお洋服を嫌がる理由とは??

では、なぜワンちゃんがお洋服を着るのを嫌がるのでしょうか?
我が家のワンコも小さいときはかわいいからといくつか購入して着せていたのですが、とにかく嫌がりました。最初は急に動かなくなってしまったり吠えて噛みついてくるので、着替えさせることができませんでした。

あまりに嫌がるので、我が家ではお洋服を着せることはをやめました。その時はただ、着るのが嫌なんだなとしか考えていませんでした。
でも、やはり理由はしっかりありました!

お洋服を着たくない理由

お洋服を着ることによって、体の動きが制限されてしまうことを嫌います。
特に関節や背中などに密着するようなものは体を固定させ動きを鈍らせます。

常に、お洋服を着る習慣のないワンちゃんたちにとって、「体の動きの制限=ストレス」
へとつながるため、注意が必要です。

お洋服を着たくない理由

ワンちゃんたちは、皮膚と毛で体温のコントロールをしています。
必要以上に熱がこもってしまったり、湿気が高くなってしまうと自分で体温調節ができにくくなります。もちろん、それが体調不良の原因につながることも考えられます。

人間と違い、暑いから脱ぐ・寒いから着るの定義はワンちゃんたちにはありません。
常に、皮膚とその上に覆われている毛で体温を上げたり、下げたりとコントロールしているそうです。

ワンちゃんたちにとって、皮膚も毛も大切な役割を担っているんですね!
ただ、冬の寒い日のお散歩は何か、コートや上着を着させてあげてくなる気持ちは否めません。

まとめ

やはり、ワンちゃんにお洋服を着させると固まってしまう。
にはちゃんと理由がありましたね。その理由のほとんどは本能的なものです。 

動きずらい、体温調節が難しい、もしかしたら、好みじゃない、かわいくない!などの理由もあるのかもしれませんが、わたしも個人的にはワンちゃんにかわいいお洋服を着せたい派なので、なるべく、季節や天候、また、公園等で思いっきり遊ぶ場合など、TPOに応じて着てもらおうかなと思いました。

やはり、良いと思っていることがワンちゃんたちのストレスにつながってしまうのはとても悲しいので、ワンちゃんの様子を見ながら、洋服を着せるべきかどうか考えましょう。