J2最下位ザスパクサツが抱えるGM問題!ヨーロッパの先例から学ぶべし

写真拡大 (全7枚)

J2でダントツの最下位に沈んでいるチームがある。ザスパクサツ群馬だ。今季は開幕から6連敗を喫するなど開幕から低迷している。途中連勝もあったが5月28日のアビスパ福岡戦を最後にリーグ戦で勝てておらず閉塞感が漂っている。

8月11日のカマタマーレ讃岐の試合では21位VS22位というJ3降格を争う直接対決であったがこの試合も勝てず、監督やフロントの責任問題に発展している。

かつて、ザスパクサツは深刻な経営難に陥っていた。Jリーグでは3季連続赤字になるとライセンスが剥奪となる。2季赤字だったザスパを救いJ1ライセンスを取得するまでに復活させたのが菅原宏GMである。

菅原宏GMとは何者か?

ここで問題になるのが菅原GMの経歴である。

ザスパクサツでGMになった時のプロフィールは以下のように書かれていた。

菅原 宏 取締役ゼネラルマネージャー(GM) プロフィール
■生年月日:1963年8月28日生まれ(51歳)
■最終学歴:1986年3月 足利工業大学土木工学科卒
■略歴:
1986年4月 池下工業(株) 入社
1987年5月 菅原土建(株) 入社
1999年4月 (株)菅原 代表取締役社長
2007年12月 (株)図南クラブ 代表取締役社長
2012年1月 一般社団法人tonanスポーツクラブ 代表理事
2014年2月 蠢霙轍浩凜侫奪肇棔璽襯ラブ 取締役クラブライセンス対策本部長
■主な公職:
一般社団法人 日本クラブユース連盟 地域理事 (2012年〜)
関東クラブユース連盟 理事長 (2012年〜)
一般社団法人 群馬県サッカー協会 専務理事 (2014年〜)
前橋市サッカー協会 理事長 (1995年〜)
前橋市体育協会 副会長

ザスパクサツ公式ホームページより

簡単にいうと前橋市のサッカーを発展させてきた人物である。

前橋商業高校で初の全国大会に出場した時のメンバーで、高校卒業後に現在のtonan前橋の前進である図南クラブを設立した。自身が稼業を継ぐために体育大学進学をあきらめたため前橋商業高校OBで構成されるチームを作ったというのが当初の目的であった。

2014年にザスパクサツのGMに就任したが、tonan前橋というチームで監督兼代表を務めてきた人物がJ2でGMも兼務するのはありなのか?という問題だ。

実際に菅原GM体制では今季新人を多く獲得した。正ゴールキーパーの牲川歩見をはじめ多くの若手選手が起用されているが、一方で若手がtonan前橋に期限付き移籍でレンタルへ出されている。

例えば、8月18日のJリーグでの移籍情報はこうだ。

MF佐藤遵樹、MF志村駿太、MF早坂龍之介(tonan前橋へ移籍)
DF藤原雅斗、DF中村俊貴(tonan前橋へ期限付き移籍)
GKハン・ホドン(tonan前橋へ移籍)

菅原宏GMは「選手の強化・育成において、公式戦における実戦経験が最も意義のある事と考え、昨年に引き続き今回の移籍を決定いたしました。関東リーグ2部公式戦で経験を積み、ザスパの戦力として復帰させる予定です」と語っており、tonan前橋で経験を積み成長したら復帰させることをコメントしている。

期限付き移籍をしながらも「週に何回かはザスパの練習に参加する(菅原宏GM談)」というのが生み出された手法だ。

しかし、現状では上手くいっていないというのが正直なところだ。2016年3月にザスパからtonan前橋・tonan前橋サテライトに期限付き代表へ5選手が移籍した。

朴昇利、中村俊貴、福島遼、大岩亮太、オ・ハンビンの5選手である。彼らのの2017年所属は以下となっている。

朴昇利(ザスパクサツ群馬、プロ契約へとステップアップ)
中村俊貴(tonan前橋へ再び期限付き移籍)
福島遼(引退)
大岩亮太(大学進学)
オ・ハンビン(無所属)

今のところ昨年tonanでプレーした選手がザスパの主力へと成長するようなことはない。

また、同シーズンは2つの問題が起こった。

加入したばかりの八角大智が契約解除となったのだが、それがtonan前橋への移籍を断ったからではないかというものだ。八角は前にグルージャ盛岡へ移っている。

また、9月に一度はtonan前橋へ期限付き移籍が決まったと報道されたのち移籍が取り消しとなり登録抹消となったイム・チョンビンのケースがある。イムは昨シーズンを持ってザスパを退団しその後は無所属となっている。

今季の体制はザスパクサツ群馬(J2)、tonan前橋(関東2部)で、さらにザスパクサツ群馬チャレンジャーズ(群馬県1部)、tonan前橋サテライト(群馬県1部)とサテライトチームが加わるために実質4チームに影響力を持っていることになる。サテライト2チームは同じカテゴリだ。

ちなみにtonan前橋サテライトは2014年にトップチームを破り天皇杯に出場したことで話題となった。

しかし、上述のように決してうまく入っていないというのが正直なところだ。今季のザスパクサツでは8月18日現在2名の選手しか前所属tonan前橋という選手はいない。

さて、ここで海外で同じようなケースがかつてあったことを紹介しよう。イタリアの有名なサッカークラブであるペルージャとウディネーゼの話である。

ペルージャが描いた未来予想図

1991年から2004年までペルージャの会長を務めたルチアーノ・ガウッチとその一家は新しいビジネスモデルを考えていた。

中田英寿が所属していたことでも知られる同チームはアン・ジョンファン(韓国)、マ・ミンユ(中国)といった当時イタリアで未知数だったアジア圏の選手を獲得するばかりか、スウェーデンの女子サッカー選手の獲得を目指したり、アル・サーディ・カダフィ(リビア)を加入させ世界のあらゆる選手をプレーさせようとした。

ペルージャは中田英寿(ローマ)以外にもマルコ・マテラッツィ、ゼ・マリア(共にインテル)、ミラン・ラパイッチ(フェネルバフチェ)ら選手を活躍させビッグクラブへ売却させる戦略をとっていた。


一方でこうした世界に目を向け選手を獲得し成長させてビッグクラブへ売却するというスカウティングは21世紀には“ふつう”になっていった。

そこで、同国内のセリエB〜Dに所属する選手に目を向けたのだ。 そこで考えたのがサテライトチームを同国内に作ることである。

20億リラでサンベネデッテーゼを購入するなど、彼らは最大でセリエAにペルージャ、セリエBにカターニア、さらにセリエCクラスにサンベネデッテーゼ、ヴィテルベーゼと4チームを所有した。選手をそれぞれのカテゴリで行き来させることで1〜4軍を同国リーグ内に持たせようとした。

下部選手を育てて売る。ペルージャが目指したサテライト方式

中でもダヴィデ・バイオッコ(ヴィテルベーゼにローン後、ペルージャで主力になり後にユヴェントスへ移籍)、ファビオ・リヴェラーニ(ヴィテルベーゼで4年間プレーした後ペルージャで主力になりラツィオへ移籍)、マルコ・ディ・ロレート(ヴィテルベーゼからペルージャへ加入し後にフィオレンティーナへ移籍)の3選手は成長の筆頭格となった。

それ以外にもファブリツィオ・ミッコリ(セリエBテルナーナからユヴェントスが獲得後ローンでプレー)、ファビオ・グロッソ(キエーティ、下記写真)などセリエAで全くプレー経験がない選手を獲得し主力としてきた。“育成”のペルージャは、中田英寿がプレーしていた時代よりも好循環を生み出し2001-02シーズンには一桁順位の8位、翌2002-03シーズンも9位フィニッシュと中堅クラブへ定着した。

一方で、その裏には大きなサポーターの反発があった。

当たり前だが「毎シーズンのように活躍した選手がこぞっていなくなる」「なのに、獲得するのは2〜4部でしか経験のない若手」とあれば前評判は低い。さらに、ガウッチ一家は選手売却で稼いだ金額をペルージャの選手獲得へは投資せず、毎シーズンのようにペルージャは降格候補にあげられた。サポーターは「ガウッチは女にお金をつぎ込んでいるのではないか」と批判したぐらいだ。

毎年新戦力を下部から獲得してうまくいくことは難しい。2003-04シーズンにはUEFAカップとの両立もたたりセリエA15位でプレーオフの末にセリエBへ降格している。

ペルージャは2004-05シーズンをセリエB3位で終えセリエAプレーオフを戦ったが、その直後ガウッチ一家の脱税などが明らかになり破産。セリエC1から再出発となった。

ガウッチ一家は逮捕から逃れるためにドミニカに逃げた。その後はサテライトチームだったカターニア(2004年に他オーナーへ売却)のほうがセリエAで活躍したというのは皮肉な話である。現在のペルージャはセリエBでプレーしているが、その後、ペルージャはさらにもう一度経営破綻しセリエDからやり直した。つまり、新しいオーナーの下でセリエDから這い上がってきた“別”チームである。

一方で、ガウッチのやり方を応用させたような方法でうまくいったのがジャンパオロ・ポッツォ体制のウディネーゼである。

ウディネ・イズム。北中米やアフリカからも選手を獲得する

ウディネーゼといえば元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが1990年代後半にセリエAで3位と上位躍進させたことで有名なクラブである。

オリヴァー・ビアホフ(ドイツ代表)、パオロ・ポッジ(イタリア)、アモローゾ(ブラジル代表)を中心にした3トップ、トーマス・ヘルヴェグ、マルティン・ヨルゲンセンのデンマーク代表勢らが当時の中心メンバーであった。

世界各地から若手選手を格安で買ってきては育てて売る、というスタイルで成功を収めてきたチームである。ヨーロッパや南米はいざ知らず、今まで目を向けていなかったアフリカ(スティーブン・アッピアー、シヤボンガ・ノンヴェテなど)、北中米・カリブ(サムエル・カバジェロなど)といった地域の国内リーグからも活躍できそうな選手を引っ張ってくるというスカウト網がウディネーゼらしさといってよいだろう。

世界にサテライトチームを持つ。ウディネーゼのやり方

ジャンパオロ・ポッツォ体制のウディネーゼが次に目を付けたのがペルージャと同じくチームを複数持つことである。しかし、彼がペルージャと違うのは世界に目を向けたことである。

スペインのグラナダ(2009年)、イングランドのワトフォード(2012年)と5大リーグの下部に低迷するチームを購入し選手をレンタルの形で送り込む。結果、ワトフォード、グラナダは1部昇格を勝ち取るなど好循環を生み出した。

イタリアのビッグクラブでは毎シーズン20人、30人といった単位の選手をローンで世界各国のクラブに送り込む。ペルージャほどではないが、実質サテライトチームのようになっているケースは少なくない。ウディネーゼは中小クラブであるプロビンチャという単語で表されるチームだが、ビッグクラブと同等の人数を毎年傘下のチームを含めた世界各国のチームへ送り込んだ。

ウディネーゼのスタイルは成功している。見切りが上手いのだ。

例えば、グラナダはリーガ・エスパニョーラ残留を果たせず2部でプレーしているが、2016年に中国人実業家ジャン・リージャン(蒋立章)へ売却している。また、息子のジーノ・ポッツォがオーナーを務めるワトフォードは今季もプレミアリーグに所属しているが、ウディネーゼから選手を大量に借りるということはもうしていない。独立してやっていけるだけの力を身につけた、ともいえるだろう。

選手を大量保有するイングランドのケース

サッカーの試合では1チーム11人しか先発することはできない。途中交代を入れても最大14人だ。しかし、イングランドでは50人、60人のプロ契約選手がいるのが普通だ。

イングランドではその代わりに、アカデミー以外にプレミアリーグ2(21歳以下のリーグ戦)、短期レンタル(短い期間下部リーグへ移籍できる)がほぼ1年中できるなど選手が経験を積める土壌が多く用意されている。そのために実質アーセナルのサテライトのような提携関係にあるようなチームは少なくない。

ペルージャとウディネーゼのケースのように直接サテライトチームを持たずとも選手たちに活躍の場が用意されているのだ。

他の選択肢はなかったのか?ザスパの予算を考える

さて、ここでいま一度ザスパのケースに立ち戻ろう。

ヨーロッパのケースを学ぶとザスパには複数の選択肢があったはずだ。1つは、他国へサテライトチームを作ること、もう1つがU-23チームを別途作ることである。

だが、カン・スイルのインタビューによると「ザスパクサツの予算は55億ウォン(およそ5億5千万)」で名古屋グランパスの10%にも満たないという。確かに公式サイトの財政報告によれば平成28年の売り上げはおよそ5億4700万円だといい、2015年9月のサポーターズカンファレンスによるとチャレンジャーズの予算は1000万円を超えるという。

U-23チームの年間予算は発足当時5000万円は少なくともかかると言われていた。数年間の運営の結果、実際には1億円以上の支出が必要になっている。つまり、U-23チームをJ3に参戦させることができるのはお金が必要なのだ。

もう1つが他国へサテライトチームを作ることである。実際に他国へ進出したケースとしてはアルビレックス新潟シンガポール、横浜FC香港があげられる。

しかし、これらは若手選手を送り込みその後主力へと成長させているという点についてはまだ大きな成果を残しているとはいいがたい。また、シンガポールであっても年間予算は1〜2億程度は必要である。

このようにU-23チームや他国でサテライトチームを作ることは大きな予算が必要である。ということは必然的にザスパクサツの予算が大きくならなければならない。2015、2016年と2シーズン連続で黒字を達成したザスパだが小さくて良好な経営では、そうした大きな支出をすることは難しいのだ。

また、ヨーロッパの例に学ばなくても国内ではチーム同士が提携関係を結んでいることは問題がない。

例えば、奈良クラブは川崎フロンターレと「アドバイザリークラブ」契約を結んで、クラブスタッフ研修などアドバイスを送った。こうしたやり方もあったのかもしれない。

さて、問題はザスパクサツとtonan前橋の関係である。

問題点は2つある。

1つはJリーグの規則では以下のような規則がある。

Jリーグ規約

第3章Jクラブ第26条の(1)-

Jクラブの役員または職員は、以下の事を禁止されています。

他のJクラブまたは当該他のJクラブの重大な影響下にあると判断される法人の役員 または職員を兼務すること。

JFL以下はJクラブではないからtonan前橋とザスパの兼務はOKということなのだろう。

また、ザスパクサツの代表取締役社長都丸晃は2015年のサポーターズカンファレンスで以下のように語った

Q:tonan クラブとの関係について
A:新体制発足から一環して話していることですが、トップからアカデミーまで、指導者や選手の交流をしたいと思っていますし、現在は指導者の交流をしています。

確かに現ザスパクサツGM補佐の氏家英行氏はtonan前橋でコーチ、監督代行を行っている。

また、ザスパクサツは森下仁志監督以下コーチ陣も一新しているが、やりやすい指導者をおくことはペルージャのケースでも見られた。それまでセリエAで経験のなかったセルセ・コスミ、ステファーノ・コラントゥオーノといった監督が就任しそこで結果を残し名声を手にしていった。

そう、すべてはうまくいっていれば問題ないわけである。菅原GM体制になったのは2014年だがこれまでこの問題が大きく取沙汰されることはなかった。

しかし、今季J2でダントツの最下位で調子が悪い、しかも起用されるのは実績がない若手選手ばかりという状況だからこそこういう問題になっているのだ。

実際、2014年以降財政は健全化したもののチーム順位は芳しくない。18位、18位、17位、そして今季は22位(8月18日現在)とJ3降格まったなしの状況である。

また、tonan前橋も7位、8位、9位と順位を落とし関東2部へ降格、今季は関東2部で10チーム中8位と低迷している。

財政を健全化させつつ少ない予算で大学サッカーなどからよい若手選手を獲得しチームもJ1へとステップアップさせていく、ザスパが掲げる理想はなかなかに難しい。