前回の様子

写真拡大

 アッシュ・ペー・フランスが主催する日本最大級のファッションとデザインの合同展示会「ルームスエクスペリエンス35(rooms EXPERIENCE 35)」が、五反田TOCビルで9月6日から8日まで開かれる。これまでバイヤーやメディアなど主に関係者向けに行われてきたが、35回目の開催となる今回より名称を「ルームス(rooms)」から「ルームスエクスペリエンス(rooms EXPERIENCE)」に変更し、一般も参加可能な体験型イベントとして開催。来場動員数は3万人を予定している。
 2000年から年2回開催を続けてきた「ルームス」は、これまで会場として使用してきた代々木第一体育館が東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い使用できなくなることから形式を変更し、今回から会場を五反田TOCビルのフロアに移した。
 ルームスエクスペリエンスは、ファッションやデザインを中心とした企業が出展する合同展示会形式の「ルームストレードショー」をはじめ、企業や経営者による想いを伝える「ルームス プレゼンテーション」、"躍動感・雑多・混沌・劣悪"をテーマにした同イベントでしか買えない商品などを展開する「ルームス マーケット」、新聞や雑誌、ポスターなど紙に関する全てをアートとして捉える新企画「ルームスペーパーエキシビジョン」、地場産業に特化した展示会「ルームスメイドインドット」の5つのエリアで構成。
 お笑い芸人、女優、映像作家、小説家としても活動する鳥居みゆきが自身の世界観を表現した「リアル部屋」や、アメカジやビンテージのコレクターとしても知られるお笑いトリオ ニブンノゴ!の大川知英の部屋をイメージした空間に私物やアート作品が並び、見たり購入したりできる「大川さん家」など、芸能人による出展を含む500コンテンツが展開される。