12歳の神童、ユスファ・ムココ

写真拡大

ドルトムントU-17所属FWユスファ・ムココ(12)が神童ぶりを見せつけている。カメルーン出身のムココは、先週のSG Unterrath戦で弱冠12歳にもかかわらず、わずか9分で2ゴールを決める活躍ぶりだった。

【関連記事:自己中デンベレに激しい批判】

ムココは2004年11月にカメルーンに誕生し、10歳でドイツに渡った。ドルトムントに移籍する前の所属クラブFCザンクトパウリでは、23試合で計31ゴールをマークした。

今夏にドルトムントのU-17に選出され、16日(水)のVfLボーフム戦ではドブレーテ(2得点)を決めた。メッシのファンを公言するムココは、ドイツ代表U-15のメンバーにも入っている。恐ろしく早熟な才能を持つムココの母親はなんと28歳だという。

(文:Juanma Romero)