W杯最終戦・男子で2位に入った楢崎智亜(左)と石松大晟(右)【写真提供=(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会】

写真拡大

W杯最終戦、女子は野口3位…東京五輪のメダル獲得へ期待膨らむ結果に

 20年東京五輪で初めて採用されるスポーツクライミングのワールドカップ(ミュンヘン)は19日、ボルダリング最終戦が行われ、日本男子は6人が進む決勝に4人が駒を進め、楢崎智亜(栃木県連盟)が2位、石松大晟(熊本県連盟)が3位。女子は唯一決勝進出した野口啓代(栃木県連盟)が3位に入った。

 決勝に進んだ男子は5位に緒方良行(福岡県連盟)、6位に藤井快(東京都連盟)に入った。

 この結果、日本はW杯の国別ランキングで4年連続世界1位に。初めて正式競技に採用された東京五輪へ向け、「ボルダリング日本」を印象づける快挙となった。2位にドイツ、3位にスロベニアが続いた。

 個人ランキングでは男子で楢崎が2位、女子で野口が3位に入り、自国開催の大舞台でメダル獲得へ、期待が膨らんだ。