海外展開か門外不出か、大チャンス時代の経営戦略とは

写真拡大

今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。

しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎氏だ。”今までにないニュータイプの後継者モデル”となった2人の経営哲学を、5回の連載で読み解いていく。(第1回/第2回/第3回)

──外食産業トップのお二人の目に、今という時代はどう映りますか?

矢都木:僕は大チャンス到来だと思っています。今まで外食産業がブランド力を上げようと思ったら、多店舗展開で認知度を上げる他に方法がありませんでした。だから勢いのある飲食店は、100店舗、200店舗、300店舗と、日本全国にどんどん増えていったんです。

桜井:スケールメリットもあると思いますが、その反面、デメリットも生まれるんでしょうね。

矢都木:そう、増えれば増えるほど希少性が薄れてしまう。そういうデメリットに振り回されずに、目の前のお客様に喜んでいただくことを大事にしたかったんです。だからどうしても多店舗展開ができなくて、創業から20年経った今も14店舗なんです。

桜井:でも今、この時代は大チャンスなんですよね。

矢都木:そうです。情報化社会が進んだおかげで、日本中、さらには世界の人が麵屋武蔵を見てくれるようになったんです。つまり、多店舗展開しなくてもブランド価値や認知度を上げられる。だから、東京にしか店舗がなくても、北海道から沖縄まで全国の人が麵屋武蔵を知っている状態を目指しています。名付けて「門外不出作戦」!

桜井:おもしろい取り組みですね! 実は情報化社会って、日本酒にとってもメリットがあるんです。情報化と流通の進化のおかげで、アルコールの世界ではだんだん壁がなくなっていて、例えば日本の居酒屋には、ワインもビールもウイスキーもある。このスタイルが今世界中の飲食店に広がっていて、和食を扱うお店じゃなくても日本酒が飲める時代がすぐに来るだろうと私は感じています。

矢都木:旭酒造さんも、それに向けて何か作戦を練っているんですか?

桜井:作戦というほどではありませんが、獺祭が海外できちんと評価される、楽しんでもらえる環境を作ろうとしています。かっこよく言うと「価値観の翻訳」。海外はビールやワインを評価してきた価値観が染みついているので、そこにそのまま日本酒が入っても理解されない。だから、日本酒の背景となる日本文化の特性や、味わい方も含めて伝えていっています。

矢都木:日本と海外は気温も湿度も違いますもんね。飲食店に日本酒を置いてもらうなら、保存方法から丁寧に説明する必要がありそうですね。

桜井:そのためにも、海外の料理学校やビジネススクールで日本酒や旭酒造についてセミナーをさせていただいているんです。理解してもらうには時間がかかりますが、一口味わえばすぐに良さが伝わる。それは飲食業ならではのメリットだと思っています。

──日本全国、世界へと挑戦していくなかで、ライバル企業に勝つためにはどうすればよいでしょうか?

桜井:日本国内で同業他社をライバルとは思っていません。同業他社としのぎを削る事ではなくて、世界中のお客さんに「美味しい!」と思っていただくことこそが大事で、そのためには海外のアルコール市場を変えていかなければならない。どっちかというとそれに一緒に取り組み、色々な面で勉強させて頂く仲間と思っています。

矢都木:格好いい考え方ですね!

桜井:いや、単純に国内のメーカーが敵だと考える余裕がないだけです(笑)。

矢都木:僕は旭酒造さんをベンチマークさせていただいていますが、いい意味で他社は見ていないんです。競争というのは、他社を見ているから生まれてしまう。お客様を見ていれば、競争にはならないんです。

桜井:そうですね。海外に攻め込むときも同じです。ワインの国に進出するときは、ワインに似た酒を持っていかない。例えばフェラーリだって、日本に進出するときわざわざロゴをカタカナ表記にはしないでしょう。獺祭は獺祭ですから。その美味しさを伝えるだけです。

矢都木:変に周りを意識しないっていうのは大切なことですよね。僕は、後ろを振り向かないことに決めているんです。世界一格好いいラーメン屋でありたい、という目標があるから。

桜井:世界一! 素敵ですね。

矢都木:マラソンでも、後ろを見ると「追い付かれないように」という心境になります。それではお客様を見ていることにならない。麵屋武蔵っていう名前を聞いた瞬間に「なんかおもしろいことやってるラーメン屋」って思ってもらえるように、革新的で上質なラーメンを追求し続ける。それだけです。

──ところで先ほど海外へ攻め込む話がありましたが、感触はいかがですか?

桜井:まだまだ日本酒はおのぼりさんですね。下駄を履いている気がします。でもおそらく一歩先に進むと、国によって違う反応があると思うんです。例えばワインの国で言うと、フランスは文句を言いながらも飲む人が多い。イタリアはそもそも飲まない。

矢都木:イタリア人は、ホームメイドのパスタと地元のワインが大好きですからね。

桜井:そこに入っていくには、まだまだ距離があるなと感じています。でも一線を超えたら、状況は変わると思います。もしかしたらフランス人がワインを守るために日本酒を排除するかもしれないし、意外にもイタリア人が日本酒を好きになってくれるかもしれない。それはそれで楽しみでもあります。

──そんな時代を生き抜くために、お二人が大切にされている経営者としての哲学を教えてください。

矢都木:僕の人生哲学は「人生は思い通りになる」ですね。学校も、仕事も、ライフプランも、全て自分で選んできたもの。選択肢がなかったと言う人は、例えば「勉強しない」という選択をしたことで、将来の進路を狭めてしまったのではないかと僕は思います。人生は自分が選択したものでできている。だからなんでも、自分の思い通りになるんですよ。

桜井:私も、好きな道を選んで進めば、次の景色が見えてくると思っています。哲学とは少し違うのかもしれませんが、何となく実感としてあるんです。前へ進んで行けば新しい景色が広がり、選択肢が増えていく。その中で好きな方法を選び、真剣に頑張れば、また次の道が見えてきて、好きな方へ行ける。

矢都木:想いが道を拓いていくんですよね。真正面から見たら手が出ないほど難しいことも、自分から動いて見る角度を変えてみると、意外な光が見えてきたりします。強い想いを持って突破口を探せば、進むべき道が必ず見えてくるんです。

桜井:本気を出せば、たいていのことは何とかなるんですよね。逆に言うと、嫌いな方向への努力はしないほうがいい。

矢都木:自分は何が何でもこうなりたい、っていう想いが大事ですからね。

桜井:自分でもそう感じるし、周囲を見回しても、そうしてきた人のほうが成功しています。本気で進んでいくほうがきっと楽しいですよ。死ぬ前に「この道を選んでよかった」と思える生き方をしたいですね。[第5回に続く]

桜井一宏◎旭酒造代表取締役社長及び四代目蔵元。2009年まで常務取締役、その後2016年9月まで取締役副社長として海外マーケティングを担当。米国、香港、シンガポール、フランス等でのイベントやセミナーを通じて獺祭の海外売上を促進し、12年間で28倍にした。2016年10月より代表取締役社長に就任。四代目蔵元となる。

矢都木二郎◎麺屋武蔵 代表取締役社長。埼玉県生まれ。城西大学卒。大学卒業後、いったん一般企業に就職するが、24歳で独立開業を目標に麺屋武蔵に転職。以来、麺屋武蔵一筋。27歳で上野店店長に昇格。店の運営・経営を任される。2013年11月11日、先代社長からバトンを受け2代目の代表取締役社長に就任する。