15日、中国と日本、パキスタン、バングラデシュ、ヨルダン、インドなどの代表数十人が、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の国際平和集会で厳粛に誓い、平和を祈念した。平和集会での日本「神戸・南京を結ぶ会」第21次訪中団メンバー(8月15日撮影)。

写真拡大

「平和の誓いは生き生きとして止まず。これは厳粛な約束であるだけでなく、平和を愛し、平和に憧れる者一人一人の心の声だ!」。15日、中国と日本、パキスタン、バングラデシュ、ヨルダン、インドなどの代表数十人が、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の国際平和集会で厳粛に誓い、平和を祈念した。新華社が伝えた。

毎年8月15日前後、日本の銘心会・南京友好訪中団、長崎日中友好・希望の翼訪中団、及び神戸・南京を結ぶ会訪中団を含む国内外各界の平和を愛する人々が同記念館を訪れ、平和集会に参加し、南京大虐殺の犠牲者に哀悼の意を捧げ、世界平和を祈念する。

15日に訪れた神戸・南京を結ぶ会第21次訪中団は平和集会で、南京大虐殺で犠牲となった人々のために献花し、哀悼の意を捧げた。21年連続で南京を訪れ、平和集会に参加している飛田雄一さんは、「中国に来る前に、731部隊の真実に関するドキュメンタリーを見たばかりだ。歴史はある程度知っていたが、本当の映像を見て、録音を聴くと、やはり驚愕させられた。真実を銘記し、広めるという信念がさらに揺るぎないものになった。だが残念なことに、日本社会には南京大虐殺や731部隊を含む侵略の犯罪行為を否定する人がまだ多く見られる」と語った。

平和集会にはパキスタン、バングラデシュ、ヨルダン、インド、ガーナ、エチオピア、ジンバブエ、パプアニューギニア、ルワンダ、赤道ギニアの留学生代表も参加した。南京航空航天大学のバングラデシュ人留学生Raqibul Hassan(中国名・尼哈徳)さんは「please say sorry」と書いた紙を掲げており、「世界反ファシズム戦争の勝利からすでに72年が経つ。ドイツは自らの戦争犯罪について謝罪したが、日本はまだだ。もっと多くの日本人にこれを見て、一日も早く中国人に謝ってほしい」と話した。

平和集会では南京亜倫原創作品合唱団が『和平之花-紫金草』と『和平永駐的祖国』を歌った。抑揚ある歌声が会場の空に流れ、人々は足を止めて頭を垂れ、悲しみを新たに偲んだ。

集会に参加した日本からの友人のほとんどは白髪まじりだった。宮内陽子団長は、「若者への反戦教育は早急に強化を要する取り組みだ。一般の日本の青年は、長崎と広島の原爆のため、やはり自らを戦争の被害者と考えることがしばしばだ。彼らは日本がまず加害者であることを認識していない。これは日本の青年教育に欠けている重要な部分だ」と語った。

パキスタン人留学生Ali Qadir(中国名・李■、■は上と下が上下に組み合わさった字)さんは、平和集会によって深く教えられたという。「平和は当たり前の事ではなく、守り、勝ち取る必要がある。人々が戦争の痛ましい教訓を汲み取って初めて、平和の希望が生じる。全世界の平和を愛する青年は自らの担う歴史の責任を銘記すべきだ」とAliさん。(提供/人民網日本語版・編集NA)