*写真はイメージです

写真拡大

37歳の長男はひきこもり。将来が心配だが、持ち家があり、両親は4300万円分の現金と株を相続させるつもりだった。しかしシミュレーションの結果、両親の死後、長男が69歳になったときに貯金が底を突くことがわかった。なぜ、ゆとりの家計は“破綻”するのか? ポイントは、独立し結婚している長女にあった。

■37歳長男 ひきこもり生活はすでに13年に及ぶ

関東近郊在住の60代のご夫婦から相談を受けたのは、5月のことでした。ひきこもりで働くことができない長男が、親亡き後も生活していけるかを分析してほしいという依頼でした。

お話をうかがうと、長男は大学卒業後、いったんは会社に就職したものの、対人関係がうまくいかずに1年もたたずに退職してしまったそうです。すぐに次の就職先が見つからず、両親(特に父親)はかなり叱責したとのこと。そのためか、長男は心を閉ざし、部屋に閉じこもりきりになってしまいました。気に入らないことがあると、荒れてしまうので、両親も腫れ物に触るような扱いになってしまい、昼夜逆転した生活がかれこれ13年間も続いています。

現在37歳の長男。さすがに今後、就職して収入を得るのは難しいと感じ、このままの状態で家計がもつのか、専門家に診断してもらいたいというのが、ご相談の理由です。ご主人(父親)は定年再雇用で働いていますが、あと1年ほどで退職となります。その後は夫婦の年金と貯蓄を取り崩しながらの生活となります。ただ、ご主人は比較的収入が多かったこともあり、持ち家(マンション)とある程度の貯蓄があります。ご長男一人になってもなんとか生活していけるのではないかとの期待はあります。

持ち家に加え、資産は預貯金・株合わせて4300万円ある

ご相談では、まずご家族の環境や経済状況をうかがいます。

<家族構成>
父親:63歳 会社員(手取り年収350万円)
母親:62歳 パート主婦(手取り年収96万円)
長男:37歳 無職
長女:35歳 すでに結婚して、近隣に住んでいる

<資産状況>
父親:預貯金、有価証券合計3000万円(退職金はすでに受け取り済み)
   不動産(自宅マンション・住宅ローン払い済み)
母親:預貯金1000万円
長男:預貯金300万円

<支出の状況>(家族3人)
生活費、マンション管理費など、年額400万円

<予想年金額>
父親:厚生年金と合わせて250万円/年
母親:厚生年金と合わせて100万円/年
長男:78万円/年

■32年後、長男が69歳の時点で貯蓄は底を突く

資産は、持ち家のマンションのほか、4300万円の預貯金と有価証券。さらに、ご夫婦はあと2、3年すると年金が支給されます(2人合計で年間350万円)。私は、うかがった情報を基に、将来の家計状況をシミュレーションしました。両親の余命はいずれも平均寿命まで、また父親が死亡した時点で生活費は3割減、母親が死亡した時点で5割減と設定して試算したところ厳しい現実が見えてきました。

結論:長男が69歳の時点(32年後)で貯蓄は底を突く。

貯蓄が底を突くということは、ひきこもりの長男は生活していけなくなる、ということです。衣食住に困るということです。この結果に、ご夫婦は驚きの表情を隠すことができませんでした。「こんな早くに貯蓄がなくなってしまうのですか?」。ご夫婦は明らかに動揺していました。

長男が何歳まで生きるかはわかりませんが、69歳で貯蓄がなくなるのはたしかに早すぎます。長生きすることも考慮すると、少なくとも80代半ばまでは貯蓄が枯渇する事態は避けたいものです。

私はグラフを示しながら説明しました。

いくら親が年金生活で、その子どもがひきこもりで収入がゼロだからといって、4300万円もの資産がたった30年余りで“消滅”するなんて信じられない。ご夫婦の衝撃は理解できます。しかし、それは厳然たる事実でした。

4300万円が消滅する理由は「長女」にあった

ポイントは、遺産分割にありました。私はうなだれるご夫婦に伝えました。

「ご主人が平均寿命で亡くなったとすると、その際(長男50代後半)、遺産の4分の1は娘さんの法定相続分となります。その後、奥さんが亡くなられた際(長男60代前半)には、遺産の2分の1が娘さんの法定相続分です。この分は家族の貯蓄・資産からの“支出”と考えなければなりません」

■老いた両親は「長女への遺産分割」が頭になかった

私の作成するシミュレーションは、ご夫婦(両親)とひきこもりのお子さんの貯蓄を一体のものとして考えています。ひきこもりのお子さんの多くは両親と同居しており、生活費が両親と一緒になっているからです。すると、両親が亡くなり、他の兄弟姉妹が相続する分は“支出”として、「親+ひきこもりのお子さん」の貯蓄から差し引きます。

法定相続分は、民法で定めた相続割合です。遺族の間で合意すれば、必ずしもこの割合に従う必要はありませんが、原則としてこの割合を考慮しておくのがよいでしょう。亡くなった人に配偶者がいる場合は、配偶者が1/2、残りを子どもが均等に分けます。配偶者がいない場合は子どもが均等に分けることになっています。

そこまで説明すると、ご夫婦がどちらからともなく、こうつぶやきました。
「娘は家庭を持って生活できているし、嫁に行ったのだから……」

長女は、短大卒業後に就職。まもなく結婚し、現在は実家を出て隣町に住んでいます。すでに子どももおり、生活は安定しています。兄が働けないこともあり、あまり両親に負担を掛けないしっかり者です。それだけにご夫婦は安心して、長男ばかりに関心が向いているようでした。相続についても、収入のない長男が受け取るものと、漠然と考えていました。いや、遺産分割については考えていなかった、と言ったほうが正しいかもしれません。

「全財産を長男に渡す」ことを長女は許すのか?

「確かに、娘さんさえ納得されれば、全財産を息子さんが相続することもできます。しかし、どうでしょう? 娘さんはそこまで譲歩するでしょうか?」

お子さんがひきこもりとなっているご家庭で、そのお子さんが「ひとりっ子」なら相続の問題はそれほど心配ありません。一方、兄弟姉妹がいる場合、ひきこもりではないお子さんに配慮しておかなければ、トラブルが起きる恐れがあります。遺言書で相続する財産を指定しておくこともできますが、一方に偏った相続割合だと兄弟姉妹の間に亀裂を残すことになりかねません。

筆者:「息子さんと娘さんの関係は良好でしょうか?」
父親:「うーん、仲が良いとは言えないかもしれませんね」
母親:「うん、お兄ちゃんのことで、あの子(長女)もいろいろと不満は持っているはずよ」
父親:「こちらにもあまり帰ってこないしね」
母親:「お兄ちゃんがいるから子ども(孫)をつれてこれないのよ」

もし、長女がそうした複雑な気持ちを抱えているとすれば、相続を迎えたとき、積年の不満が噴き出してしまうかもしれません。

■両親亡き後のひきこもりの世話は誰がするのか?

手塩にかけて育てあげたわが子。立派な人間になってほしいと教育費も人並み以上にかけた。就職活動時は不況で大変だったけれども、なんとか内定を獲得した。そんな息子を誇らしく感じたが……、社会に出られなくなってしまった。

ご両親の気持ちを考えるとたまらなくなります。

ひきこもりのいる家庭では、両親の関心は、どうしてもひきこもりのお子さんに注がれてしまい、そうではないお子さんは疎外感を受けることがあります。さらに、ひきこもりの家族がいるということでの苦労もあり、兄弟姉妹の関係が悪いケースが少なくありません。

さらに、両親亡き後にひきこもり本人の身の回りのサポートをするのは、どうしても親族である兄弟姉妹となります。兄弟姉妹の間で感情的なもつれがある場合、本人の生活環境も大きく変わってしまいます。ひきこもっているりのの生活を考えると、兄弟姉妹が気持ちよくサポートできるような状況にしておく必要があります。

このような話をしていく中で、ご夫婦の気持ちにも変化が現れてきました。ご主人はこう話しました。

「今まで長女をないがしろにしてきたつもりはありませんが、しっかりしているだけに安心して、長男ばかりに目が向いてしまっていたようです」

ひきこもり長男を路頭に迷わせないための家計改善点3つ

私からは改善案として、次の3点をご提案しました。

(1)生活費の1割減

まずは、ご主人が退職した時点で生活費を現在よりも1割減らすことです(現状は、マンションの管理費などを除いた支出は月額30万円)。減らせない項目もありますので、1割と言っても簡単ではありません。しかし、リタイアとともに生活スタイルの見直しができれば、十分に実行可能と思われます。

(2)長男の住み替え

もう1つは、ご両親が亡くなった後での長男の住み替えです。一人暮らしなら、現在の住まいは広すぎます。自宅を売却して中古のワンルームマンションを購入すれば、差額が残り、長男のその後の生活費にあてることができます。それには、あらかじめ長男に住み替えの必要性を理解してもらうことと、長女の協力が必要となります。

■結局、長女が「了承」しないと、貯蓄は底を突く

(3) 相続割合 長男6:長女4

それでも、長男の貯蓄が底をつく可能性がありましたので、奥さんが亡くなられた際の相続割合を長男6:長女4としました。すると、長男が80代の間は貯蓄がもつ計算となります。もちろん、これは長女が了承してくれることが前提となります。それまでの間に、長女に協力してもらえるように、関係性の改善が必要になります。

聞けば、長女も状況はよく承知しているようでした。あとは気持ちの問題です。ご両親が亡くなった後、「積極的に兄をサポートする」という気持ちにはならなくても、「何かあったら私が面倒を見なければ……」という覚悟はもってもらいたいものです。残念ながら、長男に関係改善の協力はあまり期待できません。親が長女(と長女の夫)の理解を得られるように働きかけることが大切です。

母親「今度、旦那や孫もいっしょに食事に誘ってみようかしら」
父親「家では難しいから、落ち着いて話ができるお店を探してみよう」

「親亡き後」は、まだ先のことです。しかし、気持ちの問題はすぐに変わるわけではありません。時間をかけて関係改善を図る必要があります。それが、自分たちがいなくなった後の心配を減らすことにつながります。

(ファイナンシャルプランナー 村井 英一)