鬼嫁予備軍!?男性が「気が強い女性」を敬遠しがちなわけ

写真拡大



「気が強いチャキチャキ系女子」と「天然ゆるふわガール」とでは、やはり後者のほうが男性支持は高い気がしますよね。
ではなぜ男性は「気が強い女性」を敬遠しがちな傾向にあるのでしょうか。そこで今回は20代男性に、その理由を聞いてみました。

■1.尻に敷かれそうだから

「俺の知り合いが気の強い超美人と結婚したんだけれど、毎日こき使われて大変らしい。そんな生活を送るなんて俺にはムリだな」(26歳/製造)


付き合っているうちは彼女に強く当たられても「まぁ仕方ないか」で許せたとしても、結婚となるとそうはいきません。なんて言ったって毎日…いや一生尻に敷かれる可能性が出てきてしまいますからね…。


だからこそ男性も結婚を考える年齢になるほどに、より一層女性に癒し要素を求めてしまうみたいです。

■2.すぐケンカになりそうだから

「前に気が強い子と付き合ったことがあるけれど、ちょっとでも気に食わないことがあるとすぐにブチ切れてきてたな。あれ以来、何だかんだほんわかした女の子が最強だと気づいた」(28歳/美容師)


「気が強い=自分の意見を簡単に曲げない」と言えるでしょう。そのため、彼も頑固なタイプだとしたら、些細なことですぐに大ゲンカに発展してしまう恐れが…。彼だって、できることならいつまでもラブラブでいたいと願っているもの。


平和なお付き合いが見込めそうにない「気の強い女子」を恋愛対象にしづらいのは、ある意味当然のことなのかもしれませんね。

■3.自分に自信がなくなってしまいそうだから

「元カノからよく『男のくせにそんなのもできないの!?』『つまんない男だね〜』と傷付くことを言われていた。そのときは『男の俺が我慢しなきゃ』なんて思っていたけれど、これってもはやモラハラですよね…」(25歳/営業)


気が強い彼女にガミガミ言われているうちに、どんどん自信を喪失してしまう男性も。もし彼が「どうせ俺なんか…」とネガティブなことを言うようになったら、それはあなたの発言がグサグサ心に刺さっている証拠かもしれません。


「彼氏には何言っても許される」なんて思っていたら、あとで後悔する日が来るかもしれませんよ。最低限言って良いことと悪いことの区別はつけるべきでしょう。

■4.周りに自分の悪口を言われそうだから

「元カノは気が強い子だったんだけれど、俺の悪口を周りに言いふらしていたんだよね。それを知ってから口が悪い強め女子が苦手になりました」(22歳/大学生)


女子って特に彼氏とのことを逐一女友達に報告する傾向にありますよね。「○○君から誕生日プレゼントに指輪もらった〜!」とか「週末デートしてきたんだ♪」とか…。


ぶっちゃけ男性からするとその報告すらあまり良く思っていないのに、自分の悪口まで言われていたら、イラ立ちも倍増してしまいます。彼とうまくやっていきたいのであれば、時には男性を立てることも必要ですよね。

■おわりに

アネゴ肌的な「頼れる気の強さ」なら問題ないのでしょうが、人格否定や生活に支障が出るレベルの「気の強い女性」は、彼らからしても怖く感じてしまうようです。


女性は「気が強い」と「しっかりしている」をはき違えないようにするべきなのかもしれませんね。(和/ライター)


(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)