敵地敗戦のアーセナル、ジェラードがエジルを批判 「彼には失望」「アウェーではお荷物」

写真拡大

ストークに0-1で敗れ早くも今季初黒星

 アーセナルは19日に敵地でストーク・シティと戦い0-1で敗れた。

 現在リバプールのU-17チームの指揮を執るスティーブン・ジェラード氏はこの試合の解説者として登場し、貢献度の低かったドイツ代表の司令塔MFメスト・エジルに批判の矛先を向けた。英紙「デイリー・メール」が報じている。

 リバプールのレジェンドは、英衛星放送「BTスポーツ」の解説者としてストーク対アーセナルの一戦を観戦。試合はストークが、新加入FWヘセ・ロドリゲスのゴールによって1-0と勝利。開幕戦で日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティに4-3で勝利したガナーズだが、敵地初戦で黒星と早くも躓く格好となった。

 この試合を見たジェラード氏は敗れたアーセナルのエジルに対して、激辛な批評を展開している。エジルをワールドクラスのタレントであると認めた上で、「彼には失望した」とバッサリ。「私が心配しているのは、彼のリアクションとボディランゲージだ。ボールを奪った時に彼がチームメイトに与えるものは何もない。アウェーゲームでは彼はお荷物だ。彼は十分な仕事ができていない」と厳しく指摘した。

「ボールを失った時にはチームのために…」

 圧倒的なボールテクニックを持つエジルだが、ポゼッションサッカーではなく、攻守の入れ替わりが激しい展開では貢献度が一気に低下すると分析。現役時代は攻守両面で絶大な存在感を放っていたジェラード氏は「ワールドクラスの選手は(攻守)両方をこなさなければいけない。ボールを失った時にはチームのためにシフトしなければいけないが、明らかにそれはなかった」と批判した。

 エジルはこの日も欠場となったFWアレクシス・サンチェスと並ぶチームの二枚看板の一人だが、プレミアリーグのレジェンドからは厳しいコメントが寄せられている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images