ふと鏡を見ると顎がたるんでる、それどころか二重あごになってるというあなた。二重あごはフェイスラインの印象も良くありません。身体は太っていなくても太って見えるデメリットも。でも二重あごは、わたしたちがついやってしまうある習慣によってできてしまうのをご存知ですか?二重あごを加速させる習慣について紹介しますので心当たりがないかチェックしてみましょう。

やわらかいものばかり食べる

巷には硬い食べ物より柔らかい食べ物があふれています。食パン、ハンバーグ、スパゲッティ、お菓子で言えばプリンなど。柔らかい食べ物しか食べないと顎周辺の筋肉が衰え、二重あごを加速させるのです。二重あごになりたくないなら、日頃から噛み応えのある穀物やお肉、野菜など食べて顎を鍛える必要があります。お菓子はチョコレートやプリンよりも、せんべい、ナッツ、スルメ等がおすすめです。(よく噛むことで得られる嬉しい効果 )

表情に乏しい・無表情

デスクワーカーや工場勤務等の方は仕事の性質上、一日中同じ表情でいることが多いです。しかしそんな表情に乏しい状態や無表情な状態を続けていると、みるみる表情筋が衰えていき、顎のたるみ、ないし二重あごの原因となってしまうことが。仕事中に無理やり表情をつくるのは現実的ではないので、もっと人と話す機会を増やす、また一日の終わりに口を動かすなどの表情筋を鍛えるトレーニングを実践するといった習慣を心がけるといいでしょう。顔ヨガなんていうのもありますから、調べてトライしてみてください!

長時間悪い姿勢でいる

あご周辺の筋肉の衰えが二重あごの原因となる一方で、血流の悪化、及びリンパの流れの悪化も二重あごの大きな原因となりえます。血流・リンパの流れが滞ることで体の老廃物が蓄積し、脂肪やセルライトの付着の原因となるからです。そんな血流・リンパの流れの悪化を引き起こす大きな原因となるのが姿勢の悪化です。姿勢の悪い人は太りやすいといわれているように、長時間悪い姿勢でいると、血液・リンパの流れが滞り、結果として肥満、ないし二重あごの原因へと繋がってしまうのです。日頃から姿勢には気をつける、血流を促す運動習慣などを心がけておくといいでしょう。

暴飲暴食による過剰なカロリー摂取

もちろん飲み過ぎ、食べ過ぎも二重あごを加速させます。単純に自分の基礎代謝量を上回る量のカロリーを毎日摂取していれば、簡単に二重あごが出来上がってしまいます。特に顔にお肉がつきやすい人は、お腹よりも先にあごに現れます。二重あごスッキリ解消エクササイズ も要チェックです。


writer:サプリ編集部