アーセナルは開幕連勝ならず…

写真拡大

[8.19 プレミアリーグ第2節 ストーク・シティ1-0アーセナル]

 プレミアリーグは19日、第2節を行った。アーセナルは敵地でストーク・シティと対戦し、0-1で敗れた。

 開幕節でレスター・シティに4-3と競り勝ったアーセナル。その試合からスタメン2人を変更し、MFモハメド・エルネニーとDFロブ・ホールディングに代えて、DFシュコドラン・ムスタフィとMFアーロン・ラムジーを先発で起用した。

 アーセナルは前半19分、FKの流れからMFアレックス・オクスレード・チェンバレンが浮き球パスを供給。これに反応したFWダニー・ウェルベックがPA左から右足ダイレクトシュートを放ったが、GKジャック・バトランドの好セーブに遭う。27分には、左サイドで獲得したFKからエジルがゴール前に放り込むと、ファーサイドに走り込んだラムジーが右足で合わせたが、これもGKバトランドにブロックされた。

 前半25分にMFジェルダン・シャキリが負傷交代したストークは、31分に右サイドからFWエリック・マキシム・シュポ・モティングがクロスを上げ、DFライアン・ショウクロスがヘディングシュートを放つが、クロスバー上。互いに前半はスコアレスに終わったが、試合は後半開始早々に動く。後半2分、中盤でボールを受けた新戦力FWヘセ・ロドリゲスがドリブルで持ち上がり、左のFWサイード・ベラヒノへ展開。パスを受けたベラヒノが素早くPA左へつなぐと、走り込んだヘセがダイレクトで流し込み、ストークが先制した。

 アーセナルは後半11分にDFセアド・コラシナツを下げてFWオリビエ・ジルを投入。すると直後に決定機が訪れる。12分、エジルの縦パスをPA手前のジルがワンタッチでつなぐと、これに抜け出したウェルベックが右足シュート。しかし、飛び出したGKバトランドにブロックされ、同点に追いつくことができない。

 ストークの守備を崩すことができないアーセナルは後半34分、FWアレクサンドル・ラカゼットとMFグラニト・ジャカを下げてFWセオ・ウォルコットとFWアレックス・イウォビを入れ、交代カードを使いきる。だが、最後まで1点が遠く、0-1で開幕連勝とはならなかった。


●プレミアリーグ2017-18特集