約700人がいまだ「無戸籍」 救済手続きの煩雑さが足かせか

ざっくり言うと

  • 無戸籍の人が2014年以降の法務省の調査で1403人確認された
  • 約半数が2017年7月時点でも無戸籍のままであることが判明
  • 救済手続きの煩雑さや周知不足が無戸籍解消の足かせになっているとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング