ヤバイぞ、アジア最終予選5〜杉山茂樹×浅田真樹(前編)

 ロシアW杯アジア最終予選もいよいよ残り2試合。日本は8月31日にホームでオーストラリアと、9月5日(日本時間6日)にアウェーでサウジアラビアと対戦する。

 8試合終了時点でのグループBの順位は、1位日本(勝ち点17)、2位サウジアラビア(16)、3位オーストラリア(16)、4位UAE(10)、5位イラク(5)、6位タイ(2)。すでにUAE以下は脱落が決まっており、日本、サウジアラビア、オーストラリアの三つ巴の戦いとなっている。最終的に1、2位はW杯出場権を獲得。3位はプレーオフへと回る。はたして日本はここでW杯出場を決めることができるか。サッカーライターの杉山茂樹氏と浅田真樹氏に今後の戦いを展望してもらった。


先制しながら同点に追いつかれた昨年10月のオーストラリア戦

浅田 残る試合は日本がホームのオーストラリアとアウェーのサウジアラビア。それに対してオーストラリアは日本とやった後、ホームでタイ戦。サウジアラビアはアウェーでUAEと戦ってからホームに日本を迎えます。

杉山 UAE対サウジアアラビアは日本対オーストラリアの2日前に前倒しされました。それだと日本のほうが2試合目との間隔が短くなるから、日本もオーストラリア戦を前倒しさせようとしたんだけど、「言い出すのが遅い」と却下された。少しトロいね。

浅田 まして日本はサウジアラビアに移動しなきゃいけないわけですから。サウジアラビアとUAEなんてたいして離れているわけではない。

杉山 ここにきて勝ち点1のリードというのはほとんど意味がなくなった。日本はとにかく1勝しなきゃいけない。2試合とも引き分けたらアウトの可能性が一番高い。どう見ても実際は横並びでしょう。よく「王手をかけた」と言うけど、王手が覆ったらいきなり大ピンチです。むしろ王手という一番語呂のいい言葉を探し出してきて、みんなでひと安心した気になっている風潮が一番危ないんですよ。はっきりと「危ない」と言ったほうがいい。油断したムードはやられちゃうパターンのひとつですよね。

浅田 面白いなと思うのは、日本は6月、イラクに引き分けたじゃないですか。テレビ中継では「勝たないと苦しくなりますからね」と言っていたのに、引き分けた途端に「でも王手ですから」と言い出した(笑)。王手という解釈は、別に間違いではないですよ。でもそれだったらもう少しその前の段階から冷静でいてほしい。アウェーでコンディションも悪いし、ここは最低でも勝ち点1を取れば王手なんだから……というスタンスでイラク戦に臨んで、この結果になるのはアリなんです。別にイラク戦に勝っていたとしても、オーストラリア戦に引き分けで出場が決まるということはなかったわけだから。もう少し冷静に、余裕を持って臨んだほうが結果としてはよかった。

杉山 それならば計算どおりだからね。そうすると強そうに見えるんだ。でも今の日本にはその余裕がないんです。だから必死によりどころを見つけて安心しようとする悪い癖がまた出た。「オーストラリアに勝てばいいんだから」と言うけど、そう簡単に勝てる相手ではない。日本がコンフェデレーションズ杯に出てドイツと3対2の試合ができるかという話です。

浅田 そこは若干ゲタを履いている部分があって、逆に4年前のコンフェデでは、日本とイタリアが3対4の試合をやった、みたいなこともあるじゃないですか。

杉山 確かに、ドイツもベストメンバーではなかったからね。でも総合的に見て、オーストラリアがそんなに弱いチームじゃないことは確かだと思う。少なくとも去年の10月に見た日本戦のオーストラリア(1-1の引き分け)よりはポテンシャルがあるということを再認識した。前線の3人、トミ・ユリッチ、トーマス・ロギッチ、マッシモ・ルオンゴはやっぱり怖いし、ロビー・クルーズというのもいい選手。背の高い選手もいるし、ウィング系もいる。ホームで日本とやったときは4-4-2の中盤ダイヤモンド型だったけど、コンフェデでは3バックでやっていた。だから今回は布陣も変えてくる可能性があるし、それによって対応策も違うような気がします。

浅田 結局、日本がイラクに引き分けたことによって何が起きたかというと、日本がオーストラリアに勝たなきゃ決まらないのは同じなんだけど、オーストラリアから見ると、日本戦は引き分けでオッケーになったということですよね。もしイラクに日本が勝っていたら、オーストラリアは日本に勝たないとちょっと苦しくなったんだけど、今の状況だと日本と引き分けても、最後、タイに勝ちさえすればいい。あとは日本とサウジが勝手につぶし合うんだから。そういう意味でオーストラリアには余裕があるでしょうから、それがどう出るか。

杉山 僕は逆に、オーストラリアが引き分けを狙ってくれたほうが日本にとっては楽だと思う。

浅田 僕も今の日本にはそのほうがいい気がするんです。ガーンと来られるより。

杉山 コンフェデでもそうだったけど、やはりオーストラリアのストロングポイントは前の長身選手なんですよ。特に日本は今、センターバックが固まってないし、ディフェンシブハーフもひまひとつ信頼感がないでしょう。チームのヘソであるべきセンターバックは森重真人がいなくなって昌子源が入ったように、予選の最後になって変わってしまった。守備的MFに至っては長谷部誠が間に合うのか、今野泰幸、山口蛍、井手口陽介なのか、誰が出てくるのか分からなくなっちゃった。真ん中の閉じなければいけないエリアが非力で不安定なんです。

 そしてオーストラリアはそこが強い。ガチッとぶつかったら日本は危ないんです。逆にオーストラリアが引いてくれたり、あまりそこに入り込んでこなかったら、日本は自分の弱点を突かれずに済む。そのあたり、オーストラリアの監督がどう出てくるかで、だいぶ展開は違うと思いますね。攻められたほうが日本は嫌だよね。

浅田 今、相手が日本を全然リスペクトしてくれなくなって、日本とは普通にやれるというふうになってきちゃったから、その結果、日本は苦しい戦い、まともにボールもつなげないような状態になったところがある。むしろ相手が「ちょっと様子見よう」という戦い方をしてくれるほうが、今の日本にはやりやすいかもしれないですね。

杉山 普通にやられるのが一番怖いんだよ。オーストラリアは今、わりと勢いがあると思う。コンフェデでかなり自信をつけたと思うんだよ。だからその勢いで来られるのが一番怖いんじゃないですか。そもそもオーストラリアにはまともに勝ったことがないんだから。

浅田 勝ったことがない。ただその中で、特に日本でやるオーストラリア戦は、相手が引き分け狙い丸出しみたいな試合が多かった。過去の例からいえばその可能性も高いと思うんですけど、今の日本はそれをやられると戦いにくいというより、それのほうがいい気はします。

 逆にメルボルンでやったオーストラリア戦は、日本がはなから引き分けでオッケーみたいなサッカーをやった。ハリルホジッチもほぼそれを公言するに近いようなことを話していたし、しかも実際に引き分けたら、それが好意的に受け止められた感じがあるんです。今に至ることを考えると、実はそのことが結構、今回の予選の肝だったんじゃないかという気がする。あの試合に勝っていれば全然話は違うわけだし、対戦相手的にもはなから引き分けオッケーでやるべき試合でもなかったんじゃないかというところがあります。

杉山 もしオーストラリアが勝っていれば、オーストラリアは頭ひとつ出ることになるけど、日本は負けと引き分けでは勝ち点1しか違わない。だからアウェーで思いきり飛ばしたほうがいいという考え方もあります。だけど、あの試合は両サイドの原口元気と小林悠がひたすら相手の攻撃を受けて上がれなくなっていた。受けずに張っていたっていいんですよ。そうしたら向こうのサイドバックは上がらないんだから。でも向こうが上がってくることを前提に受けて立っちゃった。相手に合わせたサッカーをやっていた。典型的なアウェーサッカーで、そこには上下関係も何もない。あれを見たら予選が泥沼になるのは当然かなという感じがした。

浅田 そういうところがチグハグな感じはします。今回のオーストラリア戦も、勝たなきゃどうにもならないというわけではない。別に引き分けても、次にサウジアラビアに勝てばいいわけだし、別に何かが終わるわけではない。負けても何も決まらないという意味で言うと、どうにでも解釈できる試合になる。ハリルホジッチがそこでどうしてくるのか。

 でもイラク戦では、そもそも日本よりフィジカルが強い相手で、ボコボコのピッチでボールも走らないようなところなのに、わざわざ肉弾戦を挑んで、より相手の土俵でサッカーするようなことをやった。それだけに、ホームのオーストラリア戦とはいえ、うまいこと勝利に導いてくれるイメージはできないんですよね。
(つづく)

■サッカー代表記事一覧>>