「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!
 
【Q】「上司へのごますりがうまい同期入社のライバルの一挙手一投足が気になります。営業成績の売り上げは、僕のほうがいいのに、彼が、営業リーダーに選ばれそう。落ち込みます。どうすればいい?」(ゴロリアンさん・28・会社員・東京都)
 
【A】「“芸能界のおじさん枠”を争うひふみんはコワい存在」(蛭子能収)
 
へえ〜、営業成績がいいのに、リーダーに選ばれないんですか、フフフ。そもそもリーダーなんてなりたいものですかね。オレもダスキンで働いていたときは地区リーダーでしたが、部下はアルバイトの2人。それでも面倒なだけでした。ライバルを気にしていないで、自分のどこに問題があるのか探してみたらどうですか。
 
とはいえ、今のオレにとって、ただ者ではない相手が「ひふみん」と呼ばれている将棋の加藤一二三さんです。ひふみんは、芸能界でオレと“おじさん枠”を争うライバルの中で、今最も勢いがある人。梅沢富美男さん、具志堅用高さんと並んで、敵に回すとコワい存在ですね。ひふみんが出てきたとき、テレビの仕事が減るんじゃないかと焦ったし、オレも将棋を始めたほうがいいかと真剣に思いました。でも、30代のマネージャーに「自分を変えようとしないで、自分のいいところを伸ばしましょう」と諭されました。少し恥ずかしいですが、やはり気になります。オレのいいところってどこですか?
 

 
【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】
 

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。
詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB