王者ユーヴェ、ディバラ弾などで3発快勝…7連覇へ向け白星スタート

写真拡大

 セリエA第1節が19日に行われ、ユヴェントスとカリアリが対戦した。

 先手を取ったのはホームのユヴェントス。12分、右サイドからシュテファン・リヒトシュタイナーがクロスを上げると、ゴール前のマリオ・マンジュキッチが右足ボレーでネットを揺らした。

 1点を追いかけるカリアリは39分、ペナルティエリア内でドゥイエ・チョップが倒される。1度はプレーが続けられたものの、今シーズンから導入されたビデオ判定により、PKが与えられた。しかし、ジエゴ・ファリアスのキックはGKジャンルイジ・ブッフォンに阻まれ、同点とはならなかった。

 ピンチを凌いだユヴェントスは前半アディショナルタイム1分、ミラレム・ピアニッチのロングパスでディフェンスラインの裏に抜け出したパウロ・ディバラが左足のシュートをゴール右に決め、リードを2点に広げた。

 後半に入り66分、ユヴェントスは途中出場のサミ・ケディラが左に預けると、アレックス・サンドロがダイレクトでクロス。これを受けたゴンサロ・イグアインがワントラップから左足で流し込み、決定的な3点目が決まった。

 その後は新戦力のブレーズ・マテュイディ、ドウグラス・コスタを投入したユヴェントスが危なげなく時計の針を進め、試合は3−0で終了。7連覇を狙うユヴェントスが白星スタートを切った。

 次節、ユヴェントスは26日にアウェイでジェノアと、カリアリは27日にアウェイでミランと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 3−0 カリアリ

【得点者】
1−0 12分 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)
2−0 45+1分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
3−0 66分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)