明星の荒木美里(左)と池亀柚南ペア

写真拡大 (全4枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)、通称「全中」の初日は、男女団体の1、2回戦が行われた。

◇   ◇   ◇

(写真)準々決勝進出を祝う浪速の選手たち

 先にドローのトップハーフまでがレクドームの室内コートで戦った。3連覇を狙う城南学園(大阪)は1セットも落とさず、1回戦で東京学館浦安(千葉)を5勝0敗、2回戦で富山市立呉羽(富山)を3勝0敗と一試合も落とさない強さを見せベスト8、一番乗りを決めた。次は1、2年生主体でノーシードの浪速(大阪)が、1回戦でさぬき市立志度(香川)を4勝1敗、2回戦で横浜市立富岡(神奈川)を3勝2敗で振りきった。

 初出場ながら3〜4シードの橘学苑(神奈川)は、同じく初出場で2回戦に勝ち進んだ明治学園(福岡)に対し、2勝2敗で最後のシングルスまでもつれる大接戦の末に競り勝ち、準々決勝に進んだ。

(写真)茅根もも、瀬戸凪の橘学苑2年生ペア

 3月の全国選抜で準優勝だった倉敷市立児島(岡山)は1回戦で明星(東京)に2勝3敗で敗れ、シード勢で唯一、1回戦で姿を消した。明星(東京)は関東大会では準々決勝敗退も、コンソレーションで優勝して今回の出場権を勝ち取った。

「昨年は初出場で1回戦負けだったので、私たちの中に全国大会で勝つイメージがなかった。今大会の1回戦で勝つ感覚を味わえて、2回戦で目標を達成でき、部員全員がうれしく思っています」と足を痛めながらも奮闘した明星の部長を務める荒木美里がコメントした。

 キャプテンの青木華菜は「全員の意識が高く、それぞれの学年が自分のできる最大限のことをやっている」とチームの強みを話してくれた。 

            ◇     ◇     ◇

 屋外コートで行われたドローのボトムハーフでは、3月の全国選抜を制し「打倒城南」を掲げる小平市立小平二(東京)が、1回戦で静岡県立浜松西(静岡)を5勝0敗、2回戦で奈良学園(奈良)を3勝1敗で倒し、ベスト8入り。次に大阪女学院(大阪)が太田市立西(群馬)を3勝0敗で下して準々決勝に進出した。

 桐光学院(神奈川)はダブルスで連敗して追い詰められるが、シングルス3連勝で椙山女学園(愛知)に大逆転勝利を飾った。最後に8強を決めたのは、成蹊(東京)を破った大分市立南大分(大分)。この日、男女を通じて最後となった一戦は、2勝2敗(ダブルス1勝1敗、シングルス1勝1敗)から杉田千紘が染矢莉奈との2年生対決を制した。

(写真)勝利に笑顔がこぼれる南大分

 20日(日)は9時より、男女団体戦の準々決勝、準決勝、決勝が行われる。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)