今年32年目の夏を迎え、ミニアルバム『sunny day』をリリースしたTUBEが、毎年恒例となっている夏の野外スタジアムライブ『TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2017 sunny day』を8月19日(土)に横浜スタジアムで開催した。

日本の夏を歌い続けてきたTUBEが、”野外”でのライブを始めたのは、デビューした翌年1986年、日比谷野外音楽堂。以降、現在に至るまで31年間連続で単独野外ライブを開催してきた。その数、合計127回、観客総動員数270万人以上。夏の空気・風・照りつける太陽を肌で感じる事のできる“夏の野外”にこだわり、日本一の夏バンドとして走り続けてきた。

TUBEとして記念すべき最初の横浜スタジアムでのライブは1988年8月17日。以降、神奈川県出身のTUBEにとって地元である横浜スタジアムでの野外ライブは今年で通算29回目になる。

TUBEコールが飛び交う曇り空の下、メンバーがリラックスした表情でステージに登場し、「海に囲まれた横浜スタジアムをビーチに変えたいと思います」というMCと共に、4人だけのアコースティック編成でライブはしっとりとスタート。波の音が鳴り響く中『Beach Time』ではボーカルの前田がBassをベースの角野がウクレレを担当し、アコースティックコーナー最後の曲「湘南My Love」ではメンバー4人全員がお揃いの青いアコースティックギターを手に音を奏でる姿は、32年メンバーチェンジもなく、活動停止もなく4人で歩んできたTUBEというバンドの足跡と絆の強さを感じる。

ここからが本編スタートという合図かのように24年振りのミニアルバム『sunny day』に収録された新曲『Shiny morning』のイントロと共にダンサーがステージに現れると、超満員の3万人のファンの熱量が一気にあがっていく。『Shiny morning』は“諦めないその先に輝ける朝・未来はきっとある” ということをテーマに書いた2017年TUBEが最初に制作した楽曲。「29回目の横浜スタジアムです!皆さんにとって2017年の一番の夏の思い出になりますように。最後まで楽しんで行ってちょうだい!」という前田のMCに大歓声が上がり、降り始めた雨を吹き飛ばすかのようにアップナンバーが続く中『Miracle Game』の後、雨と雷の影響でライブは一時中断となった。

約1時間ほどするとライブは再開。前田はファンに向けて「雷の影響で照明が壊れてしまったけど楽器は守ってくれました。音が出せるだけで幸せです」と語り、一部構成を変更して『Only You 君と夏の日を』などのヒット曲、本編ラスト『涙を虹に』では、炎や打ち上げ花火と前田の圧倒的なパワーボーカルで魅せるパフォーマンスにファンは大興奮だった。

アンコールではメンバー4人が消防車に乗り込み、グランド後方に設けられたもう1つのステージへ移動しながら、巨大水鉄砲を手にグランドやスタンド席を盛り上げていく。そして、世代を超えて愛され続ける日本を代表する夏ソング「あー夏休み」でアンコールラストを迎えた。Wアンコールでは「今日この日の為に作ったと言っても過言ではないでしょう。みんなの声を聞かせてください」という言葉と共に、ミニアルバムの表題曲『My sunny day』を3万人のファンと大合唱すると会場は和やかな空気に包まれた。

最後に「一時中断というアクシデントの中、こんなに沢山の人が残ってくれました。頑張ってくれているスタッフにも拍手を」とファンとスタッフへの感謝の言葉を述べ、記憶に残る29回目の横浜スタジアムのライブは幕を閉じた。通常だと横浜スタジアムがTUBEにとっての大晦日となるが、今年のTUBEは11月15日さいたまスーパーアリーナーを皮切りに10年振りのアリーナツアー「TUBE LIVE AROUND 2017 ARENA TOUR」を開催する。