伊王者ユベントス移籍の仏代表MF 加入発表翌日のリーグ開幕戦で早速デビューか

写真拡大

PSGから獲得したマテュイディ 現地時間18日に加入発表、翌19日のカリアリ戦招集

 イタリア王者ユベントスは、新戦力を加入発表の翌日となるリーグ開幕戦のメンバーに組み込んだことが明らかになった。

 ユベントスは現地時間18日にパリ・サンジェルマン(PSG)から獲得したフランス代表MFブレーズ・マテュイディと2020年までの契約を結んだことを発表した。そして、同日に発表された現地時間19日のリーグ開幕戦カリアリ戦の招集メンバーには、マテュイディが名を連ねている。

 クラブが公式ツイッターなどで伝えたマッシミリアーノ・アッレグリ監督の試合前日会見の時点では、マテュイディとの契約は発表されておらず、「まだユベントスの選手ではない彼について話すのは時期尚早だ。移籍市場の話をここでするのはナンセンス」と報道陣からの質問を突っぱねていたが、水面下では全てが整っていた模様だ。

 ユベントスは先週末のイタリア・スーパーカップでラツィオに2-3で敗れ、国内タイトル全制覇の野望はすでに消え去っている。そのゲームでも浮上した中盤の強度不足を解消するために獲得したマテュイディは、早くも開幕戦で新天地デビューする可能性が浮上している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images