先制ゴールを決めた岡崎がチームに勢いをもたらした! (C) Getty Images

写真拡大

 現地時間8月19日、レスターのキングパワー・スタジアムでプレミアリーグ2節のレスター対ブライトンが開催され、日本代表FWの岡崎慎司が2試合連続ゴールを挙げた。
 
 アーセナルとのシーズン開幕戦では、打ち合いの末に3-4と敗れたレスター。ホーム開幕戦となったこの日のメンバーも前節から変更はなく、前節に1ゴールを挙げた日本代表FWの岡崎はジェイミー・ヴァーディーと2トップを形成した。
 
 すると開始1分、いきなり岡崎が歓喜をもたらす。右サイドから仕掛けたリャド・マハレズがカットインからシュート。これを相手GKが弾くと、こぼれ球に瞬時に反応した岡崎が詰めて、ネットを揺らしたのだ。
 
 昨シーズンはわずか3ゴールだった岡崎は、今シーズンはこれで早くも2ゴール目だ。決定力不足が指摘されていた日本代表FWが、開幕戦に続いて大仕事をやってのけた。