前半で2つスコアを伸ばした石川遼(写真はカナディアンオープン)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ウィンダム選手権 3日目◇19日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)>
米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」の3日目。3アンダー・66位タイから出た石川遼は、前半でスコアを2つ伸ばし、39位タイまで順位を上げている。
松山英樹、無念の涙…全米プロの熱戦をフォトギャラリーで
アウトコースからスタートした石川。3番パー3で約3メートルのバーディパットを決めると、続く4番パー4でもセカンドショットを約2メートルにつけ連続バーディをゲット。5番でこの日最初のボギーを叩くも、6番と8番でバーディを取り返すなど、前半で4バーディ・2ボギーの“33”をマーク。スコアを2つ伸ばし、トータル5アンダーで後半のプレーに入った。
トータル13アンダーで首位タイのライアン・アーマーとウェブ・シンプソン(ともに米国)は、日本時間の20日(日)午前3時5分にスタート予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼 4ヶ月ぶりの予選突破もノーバーディに「イライラしかない」
「自分が強くなるために」苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビュー#1
「光はある」苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビュー#2
「やっていて、辛くない」 苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビュー#3
「こういうプロになりたい…」石川遼も宮里藍に憧れた一人だった