【得点経過】
1-0:クラマリッチ(84分、シャライ)

【試合後コメント】

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)最初の20分間については、本当にとてもいいプレーを見せていたと思うよ。あそこで得点を決めるべきだったね。ただあの得点した場面については、まさに試合を象徴していたものだった。後半では本当にとてもよかったね。プレッシャーをかけられていた。カウンターはそこまでなかったし。正直いって、これほどないくらいに勝利に相応しかったとさえ思うよ。19歳のガイガーはとてもうまく、支配的にプレーしていたね。彼はまだキャリアをスタートさせたばかりだが、しかしいま見せている成長はいいものだよ。いま我々には負担が積み重なってきている。それは3大会でのスケジュールがある以上、避けられないものだ。ただそのなかでもブンデスリーガは非常に重要なものであり。ここでプレーできることはどの選手にとっても誇りだよ。

アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)前半については、非常に苦しい展開となってしまった。ただ20分過ぎからは、うまくポジショニングできていたね。後半では前線で固さがみられてしまったよ。手強いチームを相手にして、あまり好きにさせなかった。

ロベルト・バウアー(DF:ブレーメン)「シュートを浮かせてしまったのは、本当に悔しくて賞はない。

フロリアン・カインツ(MF:ブレーメン)「もちろんあそこで僕は決めなくてはいけなかった。言い訳なんてできない。気持ちを切り替えて、次の試合ではもっとうまくやりたいと思う。」

マックス・クルーゼ(FW:ブレーメン)「もっと意欲的にプレーすることができると思う。そういうところに取り組んでいかないと。」

【先発メンバー】