【得点経過】
0-1:プリシッチ(23分、ゲッツェ)
0-2:バルトラ(27分、カストロ)
0-3:オーバメヤン(60分、プリシッチ)

【試合スタッツ】
香川真司、86分〜:
シュート数0、アシスト性のパス0、タッチ数4、対人戦勝率0%、パス成功率67%

【試合後コメント】

アンドリース・ヨンカー(監督:ヴォルフスブルク)「対人戦ではつねに少し遅すぎた、だから守備陣に多くのプレッシャーがかけられる形となってしまった。10分過ぎからは、明らかにドルトムントの方が上回っていたね。彼らの選手の方が上だったよ。本来はそれに対して、コンパクトに、アグレッシブに守らなくてはなrなあいものなのだが、なかなかうまくいかんかあった。0-3という結果には失望しているが、内容に見合ったものでもあるよ。しかし選手たちは最後の1秒まで戦い続けていたよ。来週では別の試合、そして別の結果を期待している。」

ペーター・ボシュ(監督:ドルトムント)「今回の試合内容、そして結果についてはもちろん満足するしかないよ。マリオ・ゲッツェが素晴らしい選手の一人であるということ、そして非常に重要な選手であることを明示していたよ。ただし我慢も必要さ。今回はプレーすることができ、そして怪我をすることなく終えられたことを嬉しく思っている。プリシッチはとてもいいプレーを見せてくれたね。彼はつねんい危険な存在だったあし、本当によかったよ。」

ハンス=ヨアヒム・ヴァツケ(CEO:ドルトムント)「非常に勝利に相応しかったと思う。1秒たりとも危険性を感じることがなかったね。ゲッツェについては、彼がピッチでプレーしている姿をみると嬉しくなるよ」

ヌリ・シャヒン(MF:ドルトムント)「成熟したパフォーマンスだった。アグレッシブなボール奪取と、落ち着きをうまくミックスすることができていたと思う。とてもいい準備ができていたし、どこにスペースがあるのかもしっかりと頭に入っていた。」

【先発メンバー】