浦和新体制リーグ3戦無敗キープ 悪天候で二度開始延期も…興梠2発でFC東京に勝利

写真拡大

当初の19時から20時に遅れてキックオフ 興梠のボレーで浦和が先制

 浦和レッズが雷雨で1時間遅れのキックオフとなったゲームを制し、新体制になってからリーグ3戦無敗となった。

 19日のJ1第23節でFC東京をホームに迎え撃った浦和は前半にFW興梠慎三が2ゴールを決め、FC東京を1点に抑えて2-1で勝利した。

 当初は19時キックオフ予定だったゲームだが、スタジアム周辺を雷雲が覆い、一度はキックオフを35分送らせると発表されたものの、天候は好転せず結局、1時間遅れの20時キックオフとなった。

 拮抗した立ち上がりから先にスコアを動かしたのは浦和だった。前半17分、MF駒井善成が右サイドをFW李忠成とのワンツーで抜け出すと、中央に速いボールを供給。FW武藤雄樹のトラップはやや流れたが、そこに走り込んできた興梠が強烈な右足ボレーシュートを放つとGK大久保拓生の手を弾いてゴール。浦和が先制に成功した。

 しかしFC東京は5分後に反撃。FW大久保嘉人が前を向くと、右サイドのMF室屋成が背後を取り、そこに大久保がピンポイントのパスを供給。室屋が中央に折り返すと、走り込んだMF橋本拳人が難なく押し込んで同点とした。

 それでも、勝ち越しゴールを奪ったのは浦和だった。同30分、新加入のDFマウリシオを起点にMF柏木陽介がボールを受けると、李、武藤と流れるようにワンタッチパスがつながり、その仕上げは再び走り込んだ興梠。右足でゴール右に流し込んで決め、前任のミハイロ・ペトロヴィッチ監督時代からの武器である鮮やかなコンビネーションで浦和が2-1と再びリードを奪って前半を終えた。

FC東京にアクシデント、スコア動かず

 後半からFW前田遼一に代えてFWピーター・ウタカを送り込んだFC東京だが、アクシデントが襲った。立ち上がりの4分に室屋が右足のハムストリングスを痛めてプレー続行不可能となり、MF永井謙佑を投入。早くも2人目の交代カードを使う事態になった。

 その後、試合は膠着状態に陥った。FC東京はDF太田宏介がキッカーを務めた精度の高いコーナーキックからゴールに迫ったが同点ゴールを挙げることはできず。浦和もカウンターから途中出場のMF矢島慎也が放ったシュートがゴールポストを直撃するなど仕留めきれない展開になったが、スコアは動かずに2-1で逃げ切った。

 浦和はペトロヴィッチ監督の契約解除から堀孝史コーチの監督昇格となる新体制発足からリーグ3戦無敗と復調気配を見せている。23日にはAFCチャンピオンズリーグ準々決勝で川崎フロンターレとの日本勢対決を控えるなど今後は過密日程が待ち構えるが、リズムを取り戻し始めた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images


【動画】Jリーグが公式Youtubeで紹介した浦和対FC東京戦全ゴール

https://www.youtube.com/watch?v=guqr83qfRSI

浦和・興梠慎三のボレーシュート(1点目)

https://www.youtube.com/watch?v=uXL8CcoAFvo

FC東京・橋本拳人の同点弾

https://www.youtube.com/watch?v=nmfY3PGjJH0

浦和・興梠慎三のボレーシュート(2点目)