大宮戦では2得点・1アシストの活躍で勝利に貢献。イバルボのその実力はホンモノか!? 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ23節]鳥栖3-0大宮/8月19日/ベアスタ
 
 大宮に圧勝した試合で、鳥栖のビクトル・イバルボが待望のJ初ゴールを含む2得点・1アシストのハイパフォーマンスを披露した。
 
 かつてはセリエAやプレミアリーグでもプレーした27歳のコロンビア代表FWの実力は、果たしてホンモノなのか――。
 
 前節に鳥栖と対戦し、イバルボを完封した横浜の中澤佑二は、その印象について次のように語っている。
 
「いいね。動きは少ないけど、やっぱり“本気”を出した時はいいね。足も速いし、身体も強いし、キープできる。テクニックもあって、ポストプレーもできて、ワンタッチプレーもこなす。素材という点では、Jの中でもトップレベルだし、一級品だと思う」
 
 大宮戦では非凡なフィニッシュワークなどポテンシャルの高さを見せたイバルボ。今後、ゴール量産となるか。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)