中村&小林弾で札幌撃破! 川崎Fが3連勝で暫定3位浮上!《J1》

写真拡大

▽19日に明治安田生命J1リーグ第21節の川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が等々力陸上競技場で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。

▽ここまで12勝6分け4敗で4位につける川崎Fが、5勝5分け12敗で15位につける札幌をホームに迎えた。前節の鹿島アントラーズ戦を3-1で勝利し、連勝を飾った川崎Fはその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。登里に代えて小林を起用した。

▽一方、前節のヴァンフォーレ甲府戦を1-1のドローで終え、3試合白星がない札幌はその一戦から先発メンバーを2人変更。菅に代えて石川、ヘイスに代えて出場停止明けの都倉を起用した。

▽元札幌の奈良、元川崎Fの福森と都倉の古巣対決となった一戦。試合は立ち上がりからホームの川崎Fが積極的に敵陣へと侵攻する。2分、ボックス手前からの細かいパス回しから小林が左足でシュート。しかし、これはGKク・ソンユンにパンチングで逃げられる。

▽対する札幌は11分、敵陣中央左でFKを獲得。これをキッカーの福森がゴール前へのクロスを選択すると、これにジェイが飛び込んだが、GKチョン・ソンリョンの好守に阻まれてしまう。

▽ヒヤリとする場面を作られた川崎Fは動じず、落ち着いてボールを保持。すると13分に先制する。ボックス手前でパスを受けた大島がボックス左に浮き球を供給。これを走り込んだ家長が左足で合わせ、GKク・ソンユンのパンチングを誘い、こぼれ球を中村がプッシュした。

▽先制に成功した川崎Fは17分にエドゥアルド・ネット、18分にも中村がミドルシュートを放ち、先制した勢いそのままに札幌ゴールを脅かす。

▽その後も試合を優位に進める川崎Fは28分、小林の右サイドからのクロスを上げると、エウシーニョがボックス中央でフリーに。しかし、ボレーシュートはミートせず、ゴール上を通過した。

▽追加点欲しい川崎Fは41分、右サイドの家長からパスを受けたボックス手前の大島がスルーパス。これをボックス左で受けた車屋が左足を振り抜くが、枠を捉えきれず。さらに直後、エドゥアルド・ネットのスルーパスに反応した阿部がGKとの一対一を制したが、今度はオフサイドの判定が下される。

▽1-0で試合を折り返すと、川崎Fが前半同様に試合のペースを握る。56分、家長のスルーパスに反応した大島がボックス左からクロスを供給。これを小林が頭で合わせたが、GKク・ソンユンに防がれる。

▽追いつきたい札幌は、福森のセットプレーから川崎Fゴールに迫るが、脅威を与えることができない。

▽前半半ばに差し掛かると、札幌にやや押し込まれる時間帯が続いた川崎F。それでも75分、待望の追加点が生まれる。家長のスルーパスに反応した登里がボックス左へ侵攻。そのままグラウンダーのクロスを供給し、走り込んだ小林がニアサイドで合わせた。

▽点差を広げられた札幌は攻勢を強めるが、川崎ディフェンスにことごとく跳ね返されてしまう。それでも80分、ハーフウェイライン付近でヘイスが谷口のパスをブロックすると、ボールは敵陣中央へと転がる。これを飛び出したGKチョン・ソンリョンがスリッピィなピッチに目測を誤って後逸。これを見逃さなかったヘイスが無人のゴールへ流し込んだ。

▽1点差にまで詰め寄った札幌は86分、菊地に代えて内村を投入。前線の枚数を増やしてパワープレーへと移行する。すると88分、ヘイスがボックス右からクロスを供給。これをジェイが頭で合わせるも、GKチョン・ソンリョンの正面に飛んでしまい、同点のチャンスを不意にしてしまう。その後も札幌は川崎Fゴールへと迫ったが、同点弾は生まれず。川崎Fが3連勝で暫定3位浮上を決めた。