東大付の牧野紘子【写真:編集部】

写真拡大

インターハイ競泳決勝、20日に誕生日の牧野が今大会2冠「あと10mあったら負けたかも」

 全国高校総体(インターハイ)水泳第3日は19日、競泳女子400メートル個人メドレーで世界選手権代表の牧野紘子(3年=東京・東大付)が4分42秒43で優勝。20日に誕生日を迎える3年生は17歳ラストレースで同種目3連覇を飾り、200メートルバタフライに続く今大会2冠となった。

 息詰まる接戦を制し、3連覇を達成した。牧野は後半猛追した横田早桜(3年=埼玉・春日部共栄)を0秒64差で振り切り、先頭でゴールに飛び込んだ。場内インタビューに立つと「後半がインターハイ前の練習からそんなに良くなくて自信がなく、不安だった。だけど、最後に逃げ切れて良かったです」と喜びより安どが大きかった。

 勝負をかけた。「前半から行くか、後半で勝負するかすごく迷った。でも、自分を信じて前半からいった」。前半のバタフライ、背泳ぎで2位に2秒以上の差をつけた。しかし、最後の自由形で追い上げられた。「あと10メートルあったら負けていたかもしれない。最後はもう自分の泳ぎをしているのかどうかわからなかったくらい」と苦笑いで振り返ったが、最後は気持ちで逃げ切った。

 3連覇は偉業であることに違いない。「3連覇できたことはすごいうれしい」と言いながら「本当はそこを目標にしたくなかった。自分とのタイムの勝負にしたかった」とポツリ。優勝タイムに満足感はなかったが、400メートル個人メドレーは得意種目。「自分の種目なので、その意地があった」とプライドにかけ、女王の座を守り抜いた。

「挑戦の1年」だった17歳イヤー「足りない部分あった。18歳はしっかり目標達成を」

 7月の世界選手権に200メートルバタフライで出場。世界のトップレベルで大きな経験を積んだ分、反動も大きかった。帰国後は疲れが出て1週間は満足に練習できず。それでも「世界選手権の種目だったのでプライドを持って泳いだ」という200メートルバラフライに続く今大会2冠を達成。世界で戦ってきた実力をインターハイで発揮した。

 20日に18歳の誕生日を迎える。17歳については「挑戦の1年だった」と振り返った。200メートルバラフライに本格的に挑み、世界選手権に出場。400メートル個人メドレーでも高校新記録を出し、飛躍を遂げた。

「いろんな人に支えられて挑戦できた。ただ、世界選手権でも決勝に残れず、足りない部分があったと思う。18歳は目標をしっかりと達成できるようにしていきたい」

 同じ年にはライバル・長谷川涼香(3年=東京・淑徳巣鴨)がいて、1歳下には池江璃花子(2年=東京・淑徳巣鴨)、今井月(2年=愛知・豊川)ら、「東京五輪の星」として飛躍が期待され、将来性のある選手が揃っている。牧野も、その一人だ。「挑戦の1年」で掴んだ収穫と課題を胸に、さらなる高みを目指し、チャレンジをし続ける。