昼間の興奮冷めやらず…寝床に入った後も頭の中であれこれと考え事をしてしまい、なかなか寝付けない。精神的なリラックスができてないとなかなか眠れないものです。自然な睡眠を導くと話題の成分テアニンは、身体を落ち着かせる副交感神経を活発にします。このテアニンを自然な形で摂るために、意外にもおすすめなのが、水出し緑茶を就寝前に飲むことなんです。

今話題のテアニンの睡眠誘導効果

緑茶を飲むとホッとしますよね。これは癒し効果をもつ緑茶成分テアニンの作用によるものです。緑茶には覚醒作用のあるカフェインも含まれています。しかしコーヒーとは異なり興奮がおきにくいのは、テアニンがカフェインの覚醒作用を抑えるからとも言われています。テアニンは自然に睡眠を誘導するとして、サプリメントなどで今人気の成分。とはいえ、緑茶にテアニンが多く含まれていても、やはりカフェインも含まれているため、就寝前に飲むのは躊躇してしまいますよね。そこでご紹介したいのが、カフェインの影響をほとんど受けることなく、テアニンだけをしっかり摂取できる方法。それは緑茶を水出しで入れることなんです。

お茶を水出しするとカフェインが抽出されない

お茶を入れる時、カフェイン(カフェインの主な作用)はお湯の高い温度により抽出されます。水出しをした場合は、温度が低すぎてカフェインはほとんど抽出されません。カフェインだけでなく、お茶の成分カテキン(カテキンとはどんな成分?)も、抽出するためにはお湯を使用する必要があります。だから水出しでお茶をいれた場合、カフェイン、カテキンがほとんど含まれない、テアニンたっぷりのお茶ができます。

テアニンはお茶の旨み・甘み成分であるため、水出し緑茶はお茶特有のカテキンによる渋味がなく、甘みの強い優しい風味となります。水出し緑茶は夜に飲むのがおすすめです。テアニンの効果で体をリラックスさせ、自然と眠りにつきやすくしてくれるからです。でもせっかくお茶を飲むなら、体によいカテキンも摂りたいですよね。日中はお湯でお茶を入れて飲み、しっかりカテキンを摂取しましょう。

水出し茶の入れ方は?

水出し緑茶の入れ方をご紹介しましょう。お湯で入れるお茶と同じ要領でできます。急須に茶葉をいれ、冷たい水または氷水を入れます。そのまま10分ほど待てばできあがりです。お好みにより茶葉の量や抽出時間を変えてみると良いでしょう。水出しだと味が薄くなりそうな気がしますが、そんなことはありません。水出しでもお茶の味がしっかりとでて、おいしいお茶が出来上がります。カフェインがほとんど入っていないお茶なので、夜寝る前に飲んでも安心、就寝前にお茶でほっと一息つけるのは嬉しいですよね。


writer:Akina