Macrovector / PIXTA

賃貸住宅での悩みの一つに、「壁」におおっぴらに穴を開けられないことがあると思います。

たしかに、退去時の原状回復を考えると躊躇していますよね。

でも本当はもうちょっと壁の空間を有効活用したい!と思っている人は多いはず。

「日刊Sumai」で人気の高かった、壁へのダメージを最小にとどめる家具の取り付けや画びょうのさし方をご紹介します。

■なるほど!クロスをカッターで切ってから画びょうをさす

賃貸でもOK!壁に画びょうをさしても目立たず“ほぼ元通り”に戻せる意外な方法とは?

穴を補修、目立たないようにする方法は、インターネットでもたくさん紹介されています。

でも、画びょうをさす前にできることがあるんです!

画びょうをさしたい場所のビニルクロスに、カッターでL字型の切り込みを入れる切れ込みを入れた角から、ゆっくりビニルクロスをめくって下地ボードを露出させる下地ボードに画びょうをさす

復旧する時は、木工用ボンドでを使って、元に戻すだけです!

復旧が簡単、お金が掛からない、跡がほとんど分からないので、これなら壁のインテリアを楽しめそうですよね!

■マステを使って「原状回復できる」壁紙の貼り方

賃貸でもできる!マステを使って「原状回復できる」壁紙の貼り方

面積の大きい壁紙が変わると、部屋の印象はグンと変わりますよね。

カンタンに原状回復できる壁紙の貼り方があるって知っていますか?

壁紙を張る前に、こんな感じでマスキングテープを貼ります。

マスキングテープはノリの接着力が弱く、剥がした時に元の壁紙を傷めません。

次にその上から両面テープを貼ります。後は簡単!この上に壁紙を貼るだけです。

空気が入らないように、平らなもので全体を押さえつけながら貼りましょう。版画の「バレン」の様なイメージです。

1番下まで貼ると、壁紙が余ります。余った壁紙は、定規で押さえながら、カッターで切りましょう。

家具選びだけでは得られない、ワンランク上の模様替えが出来ますよ。

■「壁美人」を使えば、大型ミラーやテレビも壁に掛けられる!

IKEAの大型ミラーもOK!壁を傷つけずに重いものを壁掛けできる「壁美人」って?

賃貸だとできないのが、壁に穴をあけて重い家具を取り付けること。

でも、ホッチキス1つで壁に重たいものを壁掛けできるアイテムがあるんです!

それが重たいものでもしっかり吊るせる最強アイテム「壁美人」。

専用のプレートと錆びない加工のホッチキスの芯を使うだけで誰でも簡単に取り付けができ、穴も極小、しかも強度も高いんです。

鏡を取り外した跡もまったく目立たず、よくよく注視してみないと気づかない程です。

壁を傷つけたくないけれど、飾りたいものがある時にすごく助かるグッズです!

賃貸だから……と諦めていた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。