「チーズ雪見だいふくトースト」/写真:もんちさんのブログより

写真拡大

【写真を見る】ひんやりシャクシャクおいしそう!ランキング1位「サクレソーダ」/Instagram:☻Ayako☻(@xx18co22xx)より

食べ慣れたものでも、新たに食材を“ちょい足し”することで新たな魅力に気づけることがあります。8月1日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ)では、ちょい足しで食欲が倍増するアレンジグルメのランキングを発表。世の中の人はどんなアレンジを楽しんでいるのかのぞいてみましょう。

■ちょい足しで大活躍するチーズ

ランキングの4位と3位に登場したちょい足し食材は「チーズ」。4位には食パンに雪見だいふくとチーズをのせて焼いた「チーズ雪見だいふくトースト」が入りました。「チーズ雪見だいふくトースト」は、冷たさとあたたかさを同時に感じられる「ひやあつ」トースト。ほんのりとした塩気を感じるチーズと甘〜い雪見だいふくは意外な組み合わせですが、試した人からは「めっちゃ美味い! 塩気と甘さがマッチした究極スイーツ」「抜群の組み合わせ。クセになる」と絶賛されています。中にはイチゴやアンコをさらにちょい足しして、よりおいしいトーストになるよう試作する人も。

そして、3位には「たまごチーズカレーパン」が登場。まずはカレーパンの上をくりぬいてチーズを投入します。次に生卵を割り入れてレンジで加熱し、最後にトースターで焼けば完成。とろとろに溶けたチーズと半熟卵がカレーと絶妙なハーモニーを奏でていて、「なぜパン屋はこの状態で売らないのだ」「今まで誰もやらなかったのが不思議」と思わず疑問を感じてしまうほどのおいしさを感じられるようです。

ちなみに、5位にランクインした「カリカリチーズ蒸しパン」は、チーズ蒸しパンをトースターで焼いてハチミツをかけたもの。チーズ味はちょい足しするだけでなく、ちょい足しされる側でも活躍する万能食材なのかも。

■夏ならではのアレンジで気分爽快

2位はSNSで話題沸騰中の「みたらし団子」と「豚バラ肉」を組み合わせた「肉巻きみたらし団子」。甘辛い味つけの団子をジューシーな豚バラ肉で巻くとチャーシューのような食感に。変わり種としてバーベキューに持って行っても良さそうですね。

栄えある1位は、1985年の発売開始以来ロングセラーを誇るカップアイス「サクレレモン」に炭酸水を加える「シャリ冷やサクレソーダ」。レモンの酸味がきいたアイスがシュワシュワした炭酸の力で夏にピッタリのドリンクに早変わりします。サクレはオレンジ味や桃味なども展開していて「オレンジもかなりイケる」「甘めが好きなら桃にすべき!」といった声も。気分や好みによって使うサクレを変えてみましょう。

■2つの食感の違いが新しい! 「たこの麻婆豆腐」

おうちで作るメニューでもちょい足しアレンジは可能です。「たこの麻婆豆腐」は、ゆでだこの足を3cmにカットすることからスタート。フライパンに油を熱し、豆板醤、しょうが、ねぎ、みそを順に加えてはその都度炒め、みそがなじんだところで豆腐を入れます。豆腐を木べらで食べやすい大きさに切り、煮立ったところでたこを投入。再び煮立ったらしょうゆとグリーンピースを加えて完成です。ふわふわの麻婆豆腐に歯ごたえのあるたこをプラスした新感覚のおいしさ。10分で作れるスピードメニューです。

食事系メニューからドリンクまでバラエティ豊かなちょい足しグルメ。どれも簡単に作れるものばかりなので、気になったものはどんどん試してみてくださいね。