企業で働いている王族も。知れば深い世界の王室事情

眞子さまご婚約内定発表が9月3日に行われるとのニュースが、注目を集めています。ちなみに、日本の皇室にあたる王室をもつ国は世界で約30か国あるそう。

「9人の首長による輪番制をとるマレーシアや王政が復活したスペインのような国もあります」(『皇室』編集部・岡田尚子さん)

美しさで世界の注目を集める王室もあれば、元オリンピック選手や、企業で働く王族も存在しているのをご存知ですか?

「ヨルダンのラーニア王妃陛下は、エキゾチックな美女として有名です。また、スウェーデンのカール・フィリップ王子殿下は俳優顔負けのイケメン。モナコのシャルレーヌ公妃殿下は、オリンピックの競泳で5位入賞の実力です。さらにオランダ国王は現役の商用パイロット! そして、じつは天皇陛下は世界的に著名なハゼの分類学者でもいらっしゃるんですよ」

高貴で近寄りがたいと思っていた王室ですが、人柄を知るとなんだか少しだけ身近な存在に思えますね。

<イラスト/macco 取材・文/ESSE編集部>