出会いの場で気になる人ができたら、とりあえずLINE交換をする女性も多いでしょう。でも、脈アリ度が薄い男性の場合、安易にアタックしてしまうと、「うざい」と思われてしまい、ブロックされてしまうことも。



出典:https://www.shutterstock.com

相手の脈アリ度を見極めながら、うまくアプローチすることって大事です。今回は、そんな男性が即ブロックしたくなるウザLINEをご紹介。自分に心当たりがないか、ぜひチェックしてみてください。

 

■連続メッセで好きアピール

「こっちの好意が薄いのに、やたらと自分アピールをしてくるLINE。始めは俺も付き合ってメッセを送るんですが、むこうがそれに気づかずに、しつこくLINEを送ってくるので、どうしたらいいのか困って、ブロックしちゃうことがあります。」(27歳/男性/販売)

好意の薄い相手から、しつこくLINEをされて困ってしまうのは、心当たりのある女性も多いでしょう。一目惚れのように恋に落ちると、つい無我夢中でLINEをしてしまいがち。でも、相手の好意が薄い場合は、戦略的にLINEをする必要があります。

たとえば、「○○さん、先日はありがとうございました。同じ○○好きとして、もしよかったら仲良くしてください!」と、まずは友達として仲良くできそうか交流を図るとか。相手との共通点を探って、少しずつ仲良くなれるチャンスを窺えるといいですね。

 

■今日遭った出来事メッセで構ってちゃん

「気になっていれば、相手の話も興味が向くんだけど。たとえば“今日、○○の映画見に行きました〜♪”と言われても、俺はその映画興味ないし、“そうなんですね。どうでしたか?”と送るのが、精いっぱいって感じ。完全に脈ナシなら、面倒でブロックしちゃうかも。」(28歳/男性/サービス)

自分の話をしたところで、そっぽを向かれてしまいがち。よほど親切で優しい性格の男性でない限り、ブロックされてしまうことも? 好意の薄い男性にアプローチする際は、できるだけ相手の興味のある話を振ってあげて。

「○○さんは、休日なにしていますか?」「趣味はありますか?」と、相手に話をさせてあげるのです。そして、自分にも当てはまることがあれば「わ、奇遇ですね! 私も週末、登山しているんですよ〜」と、話が弾むことも。自分の話ではなく、相手の気持ちに寄り添ってあげましょう。

 

■人生に行き詰って悩み相談

「仕事が上手くいっていないみたいで、見るからに暗い雰囲気のメッセを送ってこられても困る。“仕事辞めようかなって思っているんです”“私、これからどうすればいいんだろう……”って、初対面に近い俺に言われてもなぁ。」(28歳/男性/IT)

これも男性の性格が優しかったり、面倒見のいい男性だったら、やり取りが続くかもしれません。あるいは、男性も同じ悩みを抱えているとか。でも、相手を振り向かせるつもりなら、悩み相談はある程度やり取りしてからの方がいいと思います。

ネガティブなメッセージを送ってこられても、男性はなんとかしてあげたい気持ちは起こっても、あなたに異性の魅力は感じづらいでしょうから。むしろ相手に元気を与えて、楽しませる気持ちでアプローチしたほうがいいですね。

 

ウザLINEを送っていた女性もいたのでは? アプローチは相手を振り向かせる行為です。いま一度、自分のアプローチが逆効果になっていないか、振り返ってみてくださいね。

【画像】

※  everst/shutterstock

【関連記事】

※ 【見知らぬ女から…】サイテー男が送る「ゲスすぎる」LINE

※ コレ犯罪レベル!? 本当にあった「怖〜いLINE」3つ

※ 【彼氏づら…キモッ!】勘違い男からきた「鳥肌モノ」LINE

※ 【うっぜー!】男がイラっとする彼女の「かまってちゃん」LINE

※ 【もう別れちゃいなよ〜!】「酔っ払った男」が送りがちなヤバイLINE

※ 【怖すぎッ!】元カレから送られてきた恐怖LINE