元ミス・ロシアの美女W杯アンバサダー セクシー水着写真から思わぬ形で炎上騒動

写真拡大

FIFAアンバサダーを務めるスーパーモデル、美しい写真が炎上のきっかけに

 フットボールは老若男女を問わず人気を誇るスポーツとして世界中で愛されている。

 ただロシアでFIFA(国際サッカー連盟)のアンバサダーを務めるセクシーな美女の写真が、意外な形で反感を買っているという。英紙「デイリー・スター」が伝えている。

 騒動に巻き込まれているのは元ミス・ロシアに輝いたスーパーモデルのビクトリア・ロピレヴァさん。34歳の彼女は抜群の美貌を誇り、来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)公式アンバサダーを務めているが、彼女のインスタグラムで投稿している美しいボディラインの水着写真の数々が、あろうことか“炎上”のきっかけになってしまった。

 それは、ある一人の投稿がきっかけだったという。「私は彼女が個人的な問題でいっぱいだと思うよ。彼女はあまりに顔と体にPhotoshopを使いすぎている」というコメントから始まったようだ。

 Photoshopは日本でも知られている通り、写真の補正・加工を自由自在にこなせるソフトとして今やなくてはならないものとして定着している。しかし、ロピレヴァさんのそれは“やりすぎ”の部類だというのだ。

W杯に向け活動、ロナウジーニョと写真撮影

 休日に撮ったという1枚の水着写真について同紙は「彼女のウエストは首と同じくらいの細さに見える」と書くほどで、かなりの修正があることを指摘している。

 なお、テレビ番組で司会を務めるロピレヴァさんは、今回の「エアブラシを使ったかどうか」の疑惑についてノーコメントを貫いている。ちなみに彼女が登場する広告の写真でも、別のモデルの腕が不自然に細くなったとの疑惑が持ち上がっているのだという。

 ブラジルの英雄ロナウジーニョやロナウドらとの2ショット写真をはじめ、サッカー関連の写真も数多くアップし、母国ロシアでのW杯に向けて活動を行っているロピレヴァさん。W杯を艶やかに彩るであろう美女に持ち上がったまさかの疑惑は、どのように収束するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】ロピレヴァ公式インスタグラムに投稿された“炎上”のきっかけになった美しいボディラインの水着カット

https://www.instagram.com/p/BXjJKW2B05l/?taken-by=lopyrevavika

https://www.instagram.com/p/BXSLRvgBE_2/?taken-by=lopyrevavika

ロピレヴァ公式インスタグラムに投稿された“炎上”のきっかけになったセクシー水着カット

【写真】ロピレヴァ公式インスタグラムに投稿されたロナウジーニョ、ロナウドとの2ショット写真

https://www.instagram.com/p/BWnu-MXBbfg/?taken-by=lopyrevavika

https://www.instagram.com/p/BWDfQL7hMMz/?taken-by=lopyrevavika

ロピレヴァ公式インスタグラムに投稿されたロナウジーニョやロナウドとの2ショット写真