バレンシアへ移籍したガブリエウ・パウリスタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルに所属していたブラジル代表DFガブリエウ・パウリスタはバレンシアへ完全移籍することが決定し、18日に両クラブから発表が行われた。バレンシアとの契約は2022年6月までの5年間となる。

 移籍金は明らかにされていないが、1200万ユーロ(約15億円)前後だと報じられている。契約解除金は8000万ユーロ(約103億円)に設定された。インテルからの獲得が決定したコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョとともに、現地時間19日に入団会見が行われる予定となっている。

 ガブリエウは2015年1月にビジャレアルからアーセナルへ移籍し、2年半でプレミアリーグ通算46試合、公式戦通算64試合に出場。15年12月のボーンマス戦でアーセナルでの唯一のゴールを記録した。

「多くのサポーターにとって、彼のアーセナルでの最高のパフォーマンスは、昨季のFAカップ準決勝でマンチェスター・シティを下した試合だった。彼の空中戦の支配力とハードなタックルが決勝進出を助けた」とアーセナルはクラブ公式サイトで活躍を振り返り、ガブリエウへの感謝を述べている。

text by 編集部